2011年07月20日

気仙沼ボランティア募集!

本日休校のため連絡します。
関学のご厚意で気仙沼に向けてボランティアバスが出ます。
8月3日夕方関西学院大学総合政策学部出発、8月8日朝帰宅。
宿泊費と交通費の補助があります。
希望する生徒は22日13時から会議室で説明会を行います。
ぜひ参加して下さい。

以下、大まかなスケジュールです。

関西学院大学総合政策学部
気仙沼大島支援プロジェクト(第3回派遣)
with三田祥雲館高校の気仙沼高校訪問のスケジュール案

5泊6日(バス2泊,現地3泊)
8月3日(水) 夕方〜夜,三田市出発 ⇒バス泊
8月4日(木) 午前,宮城県気仙沼市到着
気仙沼高校を訪問⇒三田祥雲館高校と気仙沼高校の交流
午後,気仙沼大島に渡る。活動の準備。
8月5日(金) 午前・午後,大島島内で支援・調査活動
8月6日(土) 午前,大島島内で支援・調査活動
午後,大島小学校にて,地元小中高生と七夕祭り
8月7日(日) 気仙沼大島出発(時間は未定)
途中,仙台あるいは平泉などに立ち寄ることも検討⇒バス泊
8月8日(月) 早朝〜午前,三田到着

8月4日・5日・6日は,気仙沼大島内の民宿に宿泊します。
気仙沼大島内の支援・調査活動として,
@浸水マップ作成の調査,A個人宅の瓦礫・ゴミの運搬,B海岸の瓦礫・ゴミの運搬,
といったことを予定しております。

posted by 三田祥雲館 at 17:04 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | お知らせ

幻の校長講話

本来であれば、本日の全校集会にて夏休み前の校長講話があったのですが、
台風6号による警報のため、臨時休業になりました。
以下、本日皆さんに伝える予定であった講話を載せます。
よく読んでくださいねわーい(嬉しい顔)
本日の校長先生の講話の内容は


 明日から夏休みですが、校訓にある“自律”を実践することがとても大事な時期です。普段は、朝、決まった時間に起きて、学校に登校し、授業を受け、部活動をして帰宅する。決まった生活パターンで暮らしています。しかし、夏休みは、1日をどのように生活するかを自分で決めなければなりません。およそ40日をどのように過ごしたかで、成果に大きな差がでてきます。3年次は進路希望を達成するためにも、しっかりと生活をしてください。また、1・2年次も、予習復習から解放されるので、普段は取組むことの難しい、自分独自の学習を計画的にしてほしいものです。そして、学校外での活動、たとえばボランティアに取組むなど、自分の視野や考え方を広げるための取組みもしてください。
 学ぶのは、学校で授業を受けるだけではありません。諸君は、部活動からも多くのことを学んでいるはずです。西オーストラリア語学研修、SSHの海外研修などに参加する人も、得がたい学びの機会となるはずです。「百聞は一見にしかず」ということわざを知っているはずですが、中国の客家(はっか)という民族の教えには、「百聞は一見にしかず されど百見は一行(こう)にしかず」というものがあります。一行とは、「実際に行(おこな)ってみる」という意味です。「見るだけでなく、体験しろ」ということです。学校を離れてさまざまな体験をすることが、諸君を成長させ、大人としての行動力を養ってくれるのです。この夏には、積極的にいろいろなことにチャレンジしてください。
 さて、ある人が「キレそうでキレない方法」という文を書いていました。その人は、マザー・テレサさんが1984年に日本に来たとき、日本国内を通訳として同行した人です。そのときの様子を次のように書いています。「どこへ行っても、『マザー、こっちを向いてください』『次はこちらを』とびっくりするほどたくさんの写真を撮られて……。異国の地での厳しい講演日程に加えて、新幹線や車など慣れない乗り物での長距離の移動、当時マザーは74歳でした。 肉体的にも精神的にもお疲れでしょうに、マザーは嫌な顔ひとつせずにニコニコと、本当にすてきな笑顔で応対していらっしゃったのです。」マザー・テレサさんの写真撮影のフラッシュの雨に対する姿や話されることから、人には「自分の心との葛藤」と「自分と対話するゆとり」が必要なのだと、その人は感じたそうです。そして、キレそうでキレない方法を次のように書いています。「日常の中には、マザーにとってのフラッシュのような『煩わしいもの』や『イライラするもの』『面倒くさいもの』が、必ず存在します。そういうときにグッと我慢をして、『これを我慢しますから、どうかあの人の病気が治りますように』と他人を思いやったり、『仕方がないよね』と許す『ゆとり』を自分の中につくる。キレそうになる自分を抑えるための、自分との小さな闘いが必要なのです。逆に失敗したときは自己嫌悪に陥るのではなくて、『今度はもうちょっと我慢しようね』と自分と話してみる。マザーが『マザー・テレサ』であり続けることができたのは、そういう自分自身との闘いと、ゆとりを常に持ち続けていらしたからではないでしょうか。」
 人が何かに真剣に取組む、頑張るときには、やるぞという前向きな思いと同時に、苦しい、しんどいという思いを持ちます。この夏、自分自身との戦いと、ゆとりをもって、有意義に過ごしてください。

posted by 三田祥雲館 at 16:17 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

西オーストラリア州語学研修 結団式(7月19日)

床磨きが終わった日の午後、西オーストラリア州語学研修の結団式が行われましたexclamation
この日は、国際交流協会の役員の方々や保護者の方にもお越しいただきましたわーい(嬉しい顔)
ketsudan1.JPG
ketsudan2.JPG

参加者27名は、この日の為に練習してきた「決意表明」を英語で行いましたカラオケ
緊張しながらも、しっかりと、自分の思いを英語で発表してくれました手(チョキ)

ketsudan3.JPG
ketsudan4.JPG

さて、いよいよ、21日に出発です!体調に気を付けて、多くのことを体験してきて下さいねるんるん
We hope you will have a fabulous time in Perth. We are looking forward to hearing about your experience there. Bon voyage!
posted by 三田祥雲館 at 08:01 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 海外研修

台風6号による臨時休業

台風6号による暴風警報のため、昨日に引き続き本日も臨時休業とします。
外出等控えて、安全に配慮して下さい。
なお、明日からの夏季補習は予定通り行われます。
posted by 三田祥雲館 at 07:00 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | お知らせ