2011年07月28日

【Think Globally, Act Globally】

P1040006.JPGP1040008.JPGP1040011.JPGP1040018.JPG
表題を見ると「グローバルに考え、グローバルに動こう」ということで、キャンパスを飛び出して、見聞を広めたように思われますが、今日は一日、教室での学習でした。

日本人が語学を勉強する際、苦手とする分野に発音があります。特に英語のRとL、THの発音、母音の微妙な発音など、日本語にない音にはめっぽう弱い。聞くのもだめなら、発音するのはもっとだめ…。私見ですが、聞けなければ発音できないし、発音できない音は聞き分けられないという悪循環。そして、最終的に発音の学習を避けて惨憺たる状態になってしまうのでしょうね。

ところがさすがはUWA。発音の勉強も飽きずに効果的に学習する種々のアクティビティーを用意しています。写真は、それぞれの辺に単語が印刷されている5センチ四方の正方形のカードで、同じ発音を含む単語同士の辺を向かい合わせてつなげ、途切れないように1枚のシートに仕上げるというゲーム。普段の学校の授業でもよく見かける単語ばかりが並びますが、意外に正確な発音がわからない。辞書を引き、発音記号を調べ、先生に実際に発音してもらいながらゲームを完成させていきます。

ネイティブスピーカーの先生から口移しに発音を教わるわけですから、なんとも贅沢な授業。先生方も、熱心な生徒の姿に時間を延長して付きっ切りで指導してくれています。

さて、そのほかにも楽しいゲームで発音を学んだ後は、大きな声で英語の発音をしたり、英語を正確に聞き取ったりするトレーニング。でも、これとてUWAは生徒を飽きさせません。David先生はバンジョーを持ち出して演奏しながら、オーストラリアの国民歌「Waltzing Matilda」を熱唱。当然、単語の解説や発音の指導を交えながらの授業の一環。歌詞の解説では、オージー(AUSSIE=オーストラリア人)の国民性にまで言及され、さながら文化研究。バンジョーのすばらしい演奏と美しい歌声(Daviは本当に歌が上手なんです、しかも熱唱です。)に、生徒も引率者もつられて歌いだします。気持ちが一つになり、明日からよりいっそう心の通った学習ができそうです。

(ただ、これだけだと、オーストラリアの歌を陽気に歌っただけの学習のようこ思われる向きもあるかと思います。が、この前には先生と互いの国のNational Anthem (国歌)を紹介しあう学習が展開されており、自己理解に基づく相互理解も大切にしながら授業が進められています。さすがは多文化共生の国、と妙に感心させられました。)

そして、通常の授業はここで終了なのですが、きょうは放課後にもう1時間特別授業。今年は兵庫県とWAが姉妹州・県の協定を結んで30周年、本校開校10周年の節目ということで、特別講師を迎えて講演会を開催しました。

講師はMr. Tamas Zegrean. 現在、Market Development Officerという役職の西オーストラリア州政府職員をされている先生です。ハンガリー生まれで14年前にオーストラリアに移住、英語、ハンガリー語、日本語を自由に操りながら世界を舞台に活躍されています。(英語はすでに完璧なネイティブスピーカー、ハンガリー語が英語訛りになって、へたくそになってしまっていますと苦笑いしていました。)

講演では、西オーストラリア州と日本の関係の重要性を強調された上で、その関係を保っていくのは経済関係以上に人的交流・文化的交流が大切であると終始力説されていました。ご自身も高校時代、大学時代と日本へ留学されており、かなりの日本通。(ご本人の言葉を借りると、日本文化と恋に落ちました。)若い世代の文化交流、言語習得、相互理解が何よりも大切だと語っていただきました。そして、講演を通して、本校生徒たちに強くエールを送ってくださいました。さらに、彼のすごさは、これだけの内容を、英語、日本語(共通語)、日本語(関西弁or播州弁=かれは兵庫県立大学に通った経験があり、姫路に住んでいました)を見事に使い分け、時に笑いを誘い、時に真剣に語りかけながら、生徒を話にひきつけて離さなかったことです。母国を離れ、異国に育ち、言語や文化を習得して、さらにもう一つ別の言語(日本語)までマスターし、国境を越えて活躍する彼の姿に、生徒一同、本当に刺激を受けた講演会でした。

さて、振り返って今日の表題。変だなと思った方もいたはずです。普通なら“Thin k Globally, Act
Locally”(地球規模で考え、草の根の活動を)となるところです。
しかし、今日の学習はまさに、地球規模で発想し、地球規模で行動しようということを考えさせられた、実り多い一日でした。N.Miyashita@Perth
posted by 三田祥雲館 at 23:35 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 海外研修

どしゃ降り

CIMG0549.JPGCIMG0552.JPGCIMG0553.JPGCIMG0559.JPG
今日もみんな元気です。

朝6時、生徒からの「先生今日学校ありますか?」で一日が始まりました。
大雨、強風、雷のせいです。警報は出ません。
天候がとても変わりやすいので「天候が回復したら出てきて」と返答。
ちなみに今日は、
「早朝どしゃ降り→午前快晴→昼一番スコール→午後曇り→夕方晴れ→夜間スコール」

でも結局今日も遅刻なしの全員出席でした。

★日本との大きな違い
風が強い。雲の動きがとても速い。バスの運転がとても荒い。
時間が大ざっぱ。信号がすぐに変わる。飲み物はじめ物価が高い。
物価高と、変わりやすい天候を除けば、暮らしやすい街です。
JO@Perth
posted by 三田祥雲館 at 21:55 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 海外研修

男子サッカー部日誌(7月10日)

7月10日 練習試合
祥雲館VS京都峰山
10時3分キックオフ

日差しがとても強く、厳しい暑さの中での試合でしたexclamation
試合が始まると、祥雲館は細かく丁寧にパスをつないで、ゴールをねらいますがなかなか得点は決まりませんふらふら
両者とも互角にわたりあい、ノーゴルのまま前半は終了。

110710_1102.jpg

後半が始まり、相手と激しくボールを奪い合います。
後半も中盤の21分1年生YK君の技ありシュートが決まりますexclamation
そしてその直後の後半23分、またしても1年生YK君がこぼれ球を押し込みゴールexclamation×2
その後選手達は運動量が減り、相手に攻め込まれてしまいましたが、何とか無失点で切り抜け、
2対0で祥雲館の勝利グッド(上向き矢印)

110710_1103.jpg

テスト明けでの試合でしたが、とても良い試合をしてくれましたexclamation

☆今日のMVP☆
1年YK君
流れを作るシュートを決めてくれました!
2年YH先輩
良いパスをたくさん出してくれました!
posted by 三田祥雲館 at 07:00 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 男子サッカー部日誌