2012年03月23日

平成23年度後期終業式

本日、平成23年度後期終業式が行われましたexclamation&question
朝から雨雨が振っていたため、予定されていた避難訓練ができず、大掃除の後、体育館で式を行いましたexclamation

校歌斉唱の後、校長講話、生徒指導部長講話と続きます。
kocyo.jpg

終業式のあと、先日気仙沼にボランティアへ行っていた生徒たちから
スライドを使って報告を受けましたわーい(嬉しい顔)
borantia2.jpg
borantia.jpg

やはり、ボランティアとは継続することが重要だと気づかされましたひらめき

続いて表彰伝達、昨日の4校交流スポーツ大会、バドミントン部、放送部、数学オリンピックの
各種表彰が行われました。
hyosyo.jpg

さらに、大岩君の囲碁全国大会出場に向けての壮行会が行われましたexclamation×2
ooiwa.jpg
大岩君、頑張ってくださいグッド(上向き矢印)

最後に、避難訓練ができなかったので、総務部長から防災講話がありましたexclamation
higuchi.jpg
地震、火事、不審者に対する防災の心構えができましたかexclamation&question

4月から、平成24年度、11年目の三田祥雲館高校です。それぞれ新年次で1年間がんばって行きましょうexclamation×2

本日の校長先生の講話の内容は


 今日は後期の終業式です。この1年間、遅刻、早退、欠席もなく、すべての授業を学習し、皆勤した人がこの中に76人います。健康に気をつけてよく頑張りました。心より拍手を送ります。来年度は、ここにいる諸君全員が自分の健康維持に努め、皆勤をめざしてほしいものです。
 さて、今年度は創立10周年記念式典を挙行するなど多くの記念事業を行い、本校にとって節目となる年でした。10周年記念オープニングコンサート、生徒諸君が自転車置き場や案内板を塗装する「ビューティフル祥雲館」、被災地に自転車を届けようプロジェクトなど多くの記念事業を行いました。また、文部科学大臣表彰、教育長表彰を受賞、数学オリンピック本選出場など生徒諸君のすばらしい活躍もありました。そして、式典では諸君が厳粛な態度で臨み、ご来賓の多くの方からお褒めの言葉を頂戴しました。この10年間、本校独自の学びである「探究活動」はもちろんのこと、進路実績、部活動と着実に成果を挙げ、県内だけでなく、県外の多くの人々からも評価される学校となりました。また、先輩たちが築いた、真面目に、やる気を持って前向きに取組むといった校風、気質を諸君も受け継いでくれています。これまで取組んできた教育活動を継承しつつ充実発展させ、諸君と力を合わせて更なる飛躍をしていきたいと考えています。
 ところで、この1年、あなたはどのように成長しましたか。知・徳・体がバランスよく成長するように学校生活を送ってほしいと願っています。徳というのは、心の成長を意味しています。高校生の時期は、様々なことを考え、悩み、子供から大人へ成長していくものです。悩んだり苦しんだりすることで、こころ豊かになるともいえます。
 ゲーム機器、コンピュータ、携帯電話などの道具、コンビニに行けば欲しいものをすぐに買うことができるなど、便利で快適に生活できるようになりました。その分だけ私たちは我が儘になったように思います。もっとも、本人はわがまま、自分勝手であるとは思っていないことがほとんどですが。親子間での葛藤、友人とのトラブルなど人と人との関係をうまく保てずに、表面的でトラブルを回避するような人間関係になっているとも指摘されています。実は、小さなトラブルを解決していく過程で、人間関係をどのように構築すればよいか学んだり、人と人との心のつながりができたりするものです。相手の立場や考えている事を慮り行動することができる人に成長してほしいと切に願っています。
 話は変わりますが、世界には8000メートルを越える山が14座あるそうです。29歳の登山家 栗城史多(くりき のぶかず)さんは、8000メートルを越える山をすでに3座、単独・無酸素登頂をしています。そして、2009年から毎年、エベレストの単独・無酸素登頂を目指していますが、3度挑戦して、まだ登頂には成功していません。栗城さんが印象深い事を述べているので紹介します。それは「私がエベレストを登頂できずに下山してくると周りからは「失敗した」って言われるんです。でもそれはちょっと違います。成功の反対は失敗ではなく、本当の失敗とは「何もしないこと」です。私は山登りを通して、挑戦し続けていく先に必ず登頂や成功があるのだと確信しています。」というものです。
 目標を立てて挑戦し続けるのは、登山家がエベレストに挑戦し続けるのと同じことです。山を遠くから眺めて、私には登れないと、登ろうともしないのでは、登頂はできません。挑戦し続けることで、着実に成功へ近づいているのです。諸君も、新しい年次に向けて目標を立て挑戦し続けて、1年後には成功を、目標達成を果たしてください。

posted by 三田祥雲館 at 12:22 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 日記