2012年03月29日

ジュニアセッション〜天文部〜

天文部は3月19日、20日に、京都で開かれた高校生天体観測ネットワーク(Astro-HS)@京都コンピュータ学院、
と日本天文学会ジュニアセッション@龍谷大学深草キャンパスで発表してきましたぴかぴか(新しい)
この一年間の集大成となる大きな発表ですexclamation
20日の日本天文学会ジュニアセッションでは「C/2009P1 Garradd彗星の測光観測」について口頭、ポスター発表を行いました。
ジュニアセッションでは、全国から集まった高校生を中心に天文について様々な研究結果を口頭とポスターで発表していきます。
中には小中学生やタイからの学生さんなども・・・!その層の厚さとレベルの高さに良い刺激を受けましたグッド(上向き矢印)
ジュニアセッションの前日19日にはAstro-HSでは学校紹介と金環日食へ向けた取り組みについての発表も行いました。
どちらの発表でも大きな失敗はなく、無事に終える事が出来ましたexclamation×2
今回の成果を踏まえ、「C/2009P1 Garradd彗星の測光観測」については5月のACM2012に向けてこれから英語によるプレゼンテーションを完成させて行きます。
春休み中も来年度に向けて活発に活動していく予定でするんるん
新入生のみなさん、ぜひ見学に来て下さいわーい(嬉しい顔)

Asrtro-HSでは金環日食北限界線検出の概要について発表
junior1.jpg

日本天文学会ジュニアセッションではポスターと口頭で「C/2009P1 Garradd彗星
の測光観測」について発表
junior2.jpg
junior3.jpg
posted by 三田祥雲館 at 15:01 | 兵庫 | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール