2012年07月23日

NO.5 期待と不安と眠気を抱え

 大きな期待と少しの不安、そして若干の眠気を抱え、CELTでの研修が始まりました。最初は研修全体のコーディネーター・Matt先生と担任のAnna先生とAnoma先生による入校式です。もちろん全部英語で進みます。クラス分けの発表の後、バスの乗り方から授業の受け方まで、細やかにオリエンテーションが行われます。式の終わりに研修生代表のT.Y.君から流暢な英語で先生方にご挨拶。これには先生方も引率者も思わず「おぉ」と唸ってしまいました。

オリエンテーション.jpg

代表による挨拶.jpg

 その後、キャンパスツアーに出発!! UWAは1911年の創立。この年は明治44年に当たり、関税自主権が回復した年だ…といったらもっとわかりにくくなりましたか?いずれにしても、歴史の深い荘厳な建物群と豊かな自然が渾然一体となった広大なキャンパスを巡るうちに俄然やる気も奮い立ち、「高校出たら、この大学に入学したいわぁ」との声も。いいよ、その心意気。引率者は心強く思いました。
UWAのシンボルタワーの前で.jpg

 大学の食堂で昼食をとり、午後から授業の開始です。それぞれのクラスに分かれて着席し、担任の先生を待ちます。実はこの「時間通りに先生を待ち、礼儀正しく授業を受ける」という私たちのとっては当たり前ことが、日本の学生の美徳だと評価してくださる当地の先生方は多いのです。そして、祥雲生は特にすばらしいと。異文化の中で自文化を見つめなおすと、些細ではあっても大切にしたい何かに気づき、誇らしくなることがあるものです。
授業の始まり.jpg

 さてさて、15:15に授業が終わって教室から出てきた生徒に、かなり早口の英語で、“Take your luggage and I’ll see you outside.(荷物を取ったら、外に出てくださいね。)”と指示を出すMatt先生。するとすかさず“Yes.”と即答し、速やかに外に集まる生徒たち。引率者はまたまた「おぉ」と唸らずにはいられません。なぜかって?
 朝の入校式は、ここだけの話、頼りなかったんですよ。聞き取れたのか、聞き取れなかったのか。わかったのか、わからなかったのか。YesなのかNoなのかさえはっきり言えなかったのですから。それが2時間の授業でこの変化です。いつもながら生徒たちの潜在能力と、それを引き出すCELTの先生方の力量には敬服するばかりです。

 ところで、なんで外に出されたのでしょう。そう、お待ちかねhomestay familyと駐車場でご対面なのです。早く来ないかな、どんな人が来るのかな、どんな家族かな、馴染めるかな…うれしいような、怖いような、緊張の面持ちでそわそわする生徒たち。そんな彼らを安心させるかのように、今日から家族になる皆さんはにこやかに迎えてくださいます。そして「祥雲生なら大歓迎」とばかり、連年本校生を受け入れて下さるご家族が多くいらっしゃることに、感謝の気持ちでいっぱいです。Have a nice evening with your homestay family!!
homestay family.jpg

 明日は自力でバスや電車を乗り継ぎ、8:45にCELTに集合です。引率者は大きな期待だけを携えて、明朝の登校を待っています。See you!

追伸:全員快調、天気は上々。すばらしい研修の始まり。しかし、聞けば今年の7月は例年になく降水量が少ないとか・・・水不足の西オーストラリア州にあっては気がかりなことです。

N.Miyashita@Preth

posted by 三田祥雲館 at 21:53 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 海外研修

第1回祥雲文化セミナーの案内

「夏の夜空に打楽器アンサンブル♪」&「☆星空教室☆」


今年もやります!!

素敵な星空を眺めながら、音楽に酔いしれませんか?
ご家族そろって、祥雲館にお越しください。



日時:7月30日(月) 午後6時30分〜8時30分
場所:本校音楽室(オープンステージ)・里山駐車場付近
posted by 三田祥雲館 at 17:00 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 生徒会より

男子サッカー部日誌(7月15日)

7月15日 練習試合

1試合目
祥雲館VS報徳学園高校 午後12時キックオフ

相手校のキックオフで試合が始まります。
先制点を奪おうと積極的に攻めていきますが、前半27分相手にシュートを決められてしまいます。
その後もパスを繋ぎゴールを狙いますが決まらず0ー1で前半終了!

後半開始直後2分、2年生UT先輩のアシストで2年生YA先輩のシュートが決まります!
その後、後半21分にも2年生MS先輩のシュートが決まり、2ー0で後半終了!

結果2ー1で勝つことができました♪

Dsc_0426.jpg

2試合目
祥雲館VSゆりのき台中 午後15時30分キックオフ

前半は2年生中心のメンバーで挑みます。
なかなか相手のパスについていく事が出来ず前半6分と、前半25分にシュートを決められてしまいます。その後、祥雲は無得点のまま0ー2で前半終了。

後半からは1年生中心のメンバーが奮闘。
後半3分に1年生KR君のシュートが決まりますが、後半9分に相手にシュートを決められてしまいます。
しかし、祥雲も負けじと攻め、後半21分には1年生KW君、後半26分には1年生KR君がシュートを決め、最後まで接戦状態のまま、試合終了。
結果3ー3で引き分けでした。
これから、もっと暑くなっていきますが、水分補給をしっかりして頑張ってほしいです。

手(チョキ)☆本日のMVP☆手(チョキ)
2年生YA先輩☆
タッチ数が多く、声かけを積極的にして、チームを元気づけてくれましたるんるん
1年生KR君☆
積極的にシュートを狙ってくれましたるんるん
posted by 三田祥雲館 at 13:28 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 男子サッカー部日誌

NASA事前研修ブログ(7月18日)

7月18日
SSHアメリカ研修の事前研修を行いました。ALTのMatt先生がご自身がNASAで働かれていた経験や、スミソニアン博物館を訪問した際の写真などを提示しながら見どころなどを紹介頂きました。実体験に基づいたお話だけに大変面白くやさしい英語で話してくださいましたので大変よくわかりました。

20120718N1.jpg

参加生徒の感想です。
7月18日のアメリカ事前研修ではマット先生のお話を英語で聞きました。NASAでのお仕事の話や、スミソニアン博物館での話など研修で役に立ちそうな話ばかりでした。とても行くのが楽しみです。最後の質問タイムではアメリカのファースフード事情の話題で盛り上がりみんな積極的に質問していました。
posted by 三田祥雲館 at 13:02 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

NO.4 We just arrived in Perth

現地時間23日午前12時40分(日本時間23日午前1時40分)、研修団は無事パースに到着し、初日のホテルに投宿しました。
 南半球のパースは今、真冬です。それでも今日は少し暖かいらしく、気温は13℃。地中海性気候(Cs)に属する当地は降雨季に当たります。着陸直前にも強い雨が降ったようです。
パース空港に到着.jpg 
  パース空港に到着
ホテルのロビーで鍵を受け取る.jpg
  ホテルにチェックイン

 今朝は午前5時45分に集合して出発式を行い、校長先生、教頭先生から激励の言葉をいただきました。その後、日曜の朝にも関わりませず、多くの先生方や保護者の皆さんに見送っていただいて、5時55分に学校を出発しました。

 関西国際空港を定刻に飛び発ち、香港国際空港で飛行機を乗り継ぎます。香港空港へのランディングは、車輪が着地した瞬間がわからないほどスムーズでした。しかし、乗り継ぎ便離陸の直前に天候が悪化して出発が定刻より40分程度遅れ、パース空港には約1時間の延着となりました。途中も気流の乱れがあり、少々揺れの多いフライトになりました。赤道上を通過する航路は、ある程度仕方ありません。それでも研修生はみな元気です。
関西国際空港にて.jpg
  関西国際空港にて
香港国際空港の動く歩道.jpg
  香港空港の動く歩道(とてつもなく大きいハブ空港だ!)

 それにしてもフライト時間は計11時間半ほど、学校出発からは合計18時間を超える長旅…が、考えようによっては、たった19時間で言葉も文化も違うオーストラリアに着いてしまうのですね。

 このように考えると、日本とオーストラリア、兵庫県と西オーストラリア州が親密な関係を築き、友好関係を深め、国境を越えてさまざまに協力し合うことは、地理的距離による必然といえるのかもしれません。研修生たちには小さな親善大使として、立派に振舞ってほしいと期待しています。

 明日から西オーストラリア州立大学(UWA)の英語研修センター(Centre for English Language Teaching, CELT)での英語研修と、ホームステイが始まります。異なる文化的な背景を持つ当地の人々との交流の中で、研修生たちは何を感じ、考えてくれるのか。それを楽しみに、現地からブログをお届けします。

 ともあれ、「あーした天気に、なぁれ」。おやすみなさいZZZ。

〈旅客機ファンの引率者のつぶやき…〉関空−香港はボーイング777−300、香港−パースはエアバス330という機材で、どちらも座席幅に余裕があり、快適なときをすごすことができました。
N.Miyashita@Perth

posted by 三田祥雲館 at 02:45 | 兵庫 ☀ | Comment(2) | 海外研修