2012年07月30日

NO.12 Monday again, and Mondays are always・・・.

 毎朝、さわやかな風に吹かれながらバスを待ちます。しかし今朝は皆、心なしか浮かない顔をしています。充実した週末を過ごした月曜の朝ほど憂鬱なのは、どこの国でも変わらないようで・・・。澄んだ空気に降り注ぐ陽光が織り成す光と陰の明瞭なコントラストが、私たちの心を見透かしているようで印象的です。C.B.D.の交通量も普段より多くて、気も進まなければ、バスすらもなかなか進みません。

P1000548.jpg  P1000647.JPG

 “・・・one hundred and eight, one hundred and nine, one hundred and ten. Dady, how do you count after one hundred and ten?(ひゃくはち、ひゃくきゅう、ひゃくじゅう。お父さん、このあと、どう数えるの?)”算数の復習をする幼い女の子の、舌足らずなかわいらしい声が車中に響きます。そして、ようやくここまで数えられえるようになった娘に目を細めながら続きを教える父親。この父娘のほほえましい会話が一服の清涼剤となり、車内の物憂げな雰囲気が和らぎます。

P1000589.JPG  P1000587.JPG

 引率者は毎朝同じバスに乗り、馴染みの顔も増えてきました。言葉を交わすわけでもないのに、外国にいる心細さも手伝ってか、知った顔を見ると何だかほっとしたりします。そういえば、去年は毎朝顔を合わせ、会うと会釈をしてくれるようになった中学生ぐらいの男の子がいたなぁ。あの子、今年は会わないけどどうしているだろう。

P1000580.JPG  P1000579.JPG

 研修生たちも、彼らの日常になりつつある通学途上で何かを感じているのでしょうか。バスに揺られながら車窓をぼんやり眺め、考えるでもなくそんなことを思っているうちにバスはCELTに到着です。さ、研修生に週末の出来事を聞こう。今日一番の楽しみです。

P1000578.JPG  P1000560.JPG
 
 “How was your weeke・・・?”聞き終わる前に、「昨日、チョコレート工場に行って、大きなクマの形のチョコを見ました・・・。」「土曜日はフリーで自分たちで街に出かけて、日曜日はKings Parkにピクニックで・・・。」「週末、ビーチがきれいで・・・」「川でカヤックを・・・。」訊かずとも、みな口々に週末の出来事をハイテンションに話し出します。野暮な質問でございました。で、あまりブログに書くとお土産話の楽しみがなくなるといけないのでこのくらいに・・・

P1000552.JPG  P1000600.jpg
 
 それにしても、どの研修生の口からも、homestay familyとの会話や行く先々で出会った人々のこと、街の人々の様子など、人間同士のふれあいが語られます。一方で、「お好み焼きを作ってあげたら、すごく喜んでくれました。」「手巻き寿司、しましたよ。homestay sisterが生ものが苦手で・・・。だから野菜巻きも作ったんです。」「餃子が好評でした。そうめんは、ちょっと不人気だったけど。」と、いつも親切にしてくれるhomestay familyに日本食を作って振舞った研修生もいたようです。こうして、家族の一員として受け入れられて、研修生にとってもhomestay familyにとっても、互いが欠くことのできない日常の一部になっていくのです。


 昨日までの非日常が日常になっていく。同時に、短期間の滞在にもかかわらず、日本の日常が今、非日常として遠い日々の記憶のように感じられる。繰り返される日常では気づけなかったことが、非日常を挟み込むことでわかることがある。そして、若い研修生たちが日常を非日常に置き換え、非日常を日常に取り込んでいくスピードは、私の比ではないだろうことは想像に難くありません。異文化という非日常が、彼らの中でいつ、どのように昇華されるのか。逆に、非日常のなかで日常どのように捉えなおすのか。そして、彼らの自身の人生の中でどのような日常を作り上げていくのか。楽しみで仕方がありません。


 もう一週間たってしまったのか、まだ一週間なのか。あと一週間しかないのか、あと一週間もあるのか。思いはそれぞれですが、研修生は全員、WAの人々の温かさとおおらかさに包まれて、全力でAussie Lifeを満喫中です。

 あっっっっ。いま、CELTのStaff Roomで書いているのですが、ここまで書いてカメラを忘れたことに気がつきました。何やってんだ、俺。これじゃ、ただブログでひとりごちただけじゃないか。つまらないですよねぇ。Silly of me!とはこのことです。本当にすいません。ということで、今日は、先週とりためた写真をランダムに貼りました。悪しからず。

N.Miyashita@Perth
posted by 三田祥雲館 at 19:18 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 海外研修

自然科学の誘い夏季集中講座 2日目

26日午後、自然科学の誘い夏季集中講座の2日目は3つの班に別れ、班別学習を行ないました。関西学院大学の御厨正博先生(化学)、千代延大造先生(数学)を本校にお招きして学習を行ないました。
 御厨先生の授業では金属錯体の色を調べる実験を行ないました。コバルトと鉄の錯体を材料に実験を行ないました。身近な物質として乾燥剤に用いられているシリカゲルの色の変化で水の吸着度合いを知ることができることが理解できました。

20120726_01.jpg

千代延先生のクラスではサイコロを用意し偶数の目が出る確率が本当に1/2になるかどうかを実際に確かめました。データ数を多くしていくと実際に確率が1/2に近づいて行くのがわかってとても楽しかったです。

20120726_02.jpg

また、神戸大学の伊藤真之先生(天文)の授業を神戸大学発達科学部に行って授業を受けました。人工衛星の軌道の基本となる二体問題を計算し、コンピュターで図示させるというものです。ふだん使い慣れていないC言語によるプログラムを使いましたが、大学院生の方々が丁寧アシストして下さったお陰でよく理解できました。

20120726_03.jpg

研究室のコンピュータ室で実習しました。人工衛星の軌道要素をいろいろ変化させ図示しています。
posted by 三田祥雲館 at 17:28 | 兵庫 ☁ | Comment(1) | スーパーサイエンスハイスクール

男子サッカー部日誌(7月21日)

7月21日 丹有地区リーグ戦
祥雲vs西陵 午後1時キックオフ

この日も初めは天気に恵まれとても暑く感じられましたが、途中から降ってきた大雨の影響でグラウンドの状態が悪いなかでの試合となりました!

Dsc_0430.jpg

相手校のキックオフで試合が始まります。
前半19分にゴールエリア右側から3年生NS先輩がシュートを決めます!!
その後も前半25分に3年生NS先輩のアシストで3年生FY先輩がゴールエリア右側からシュートを決めます。
2ー0で前半終了!

Dsc_0431.jpg

後半は、途中から降ってきた雨によりグラウンドにたまった水で滑りやすく、やりづらい状況の中でしたが、後半19分に2年生MS先輩のアシストにより、3年FY先輩がゴールエリア左側からシュートを決めます!
しかし、後半21分に相手校にゴールエリア右側からシュートを決められてします。
そして1ー1で後半終了。

結果3ー1で勝つことができました!

この調子で次の試合も勝ってほしいです(^〇^)

手(チョキ)☆本日のMVP☆手(チョキ)
3年生 WK先輩
シュートを沢山うってくれましたるんるん
3年生 SY先輩
ボールに積極的に向かってくれましたるんるん
posted by 三田祥雲館 at 12:51 | 兵庫 🌁 | Comment(0) | 男子サッカー部日誌

ソフトテニス部 近畿大会団体戦に出場しました(4年連続4回目)。

7月22日(日)に京都府京丹波町の丹波自然運動公園で開かれた「近畿高等学校ソフトテニス選手権大会」(近畿地区2府4県の代表校58校による団体戦)に出場しました。

L03b0025.jpg

結果は以下の通りです。
1回戦 本校3−0 虎姫高等学校

L03b0026.jpgL03b0029.jpgL03b0032.jpg

2回戦 本校0−3 高田商業高等学校

L03b0034.jpg
L03b0035.jpg

近畿大会でも勝つことができました。これで3年次生5名は引退し、受験勉強に頑張ります。あとは2年次生5名、1年次生3名と少人数になりますが、9月末の兵庫県丹有地区新人大会を目指して練習に励む所存です。旧チーム同様応援宜しくお願いします。

L03b0036.jpg
posted by 三田祥雲館 at 12:46 | 兵庫 🌁 | Comment(0) | クラブ情報(運動部)