2012年07月31日

NO.13 Rainy Tuesday, and Culture of Indigenous People(雨降りの火曜日に先住民の文化を学ぶ)

 昨日までの好天とは打って変わって、朝から降ったり、やんだり。とはいっても、地中海性気候(Cs)は別の区分では亜熱帯冬雨帯と呼ばれることもあり、これがこの時期本来の天気です。日本の梅雨などと違って、ザーっと降ってはパッと晴れあがります。たった10分で土砂降りだったり、カンカン照りだったり忙しい限りです。空気が洗われて、晴れ間の陽光がいつもよりまぶしく輝いて見えるのは気のせいでしょうか・・・。
P1000820.JPG  P1000829.JPG
  10分前                               10分後

 今日は午後から、市内にあるKing Parkに遠足です。緑豊かなKing Parkは、原生林を残しながら植物園なども併設した約400haという広大な公園です。パース市中心部から約1.5kmといいますから、C.B.D.の一部といいほどの立地です。ここで、先住民アボリジニの文化を学ぼう、というミニ遠足です。ところで、市の中心にこれほどの原生林を持った都市が他にあるでしょうか。パースの環境のよさの証左のひとつです。

 しかし、何も知らなければ学習も深まりません。そんな研修生のために、CELTのテキストにはアボリジニの歴史や文化、神話に関する読み物が用意されています。担当の先生方の語りも交え、楽しく予習をします。PCなども用いながら・・・。
P1000825.JPG  P1000821.JPG

 基礎知識も学びました。雨も上がりました(Lucky you!)。Anna先生、Anoma先生の引率で現地研修のミニ遠足に出発です。現地ではアボリジニの血を引くクレイグさんの案内で、園内散策が進みます。クレイグさんには去年も一昨年もお世話になっています。
P1080783.JPG
 クレイグさんによるガイド

 クレイグさんの話からは、ずっと昔から自然の中で、自然のとともに、自然の一部として、自然の魂を感じながら生きてきたアボリジニの世界観が垣間見られます。必要なもの以上は取らない、すべてのものは自然に帰す・・・自然に寄り添うその生き方は、いまさらsustainability(持続可能性)などとあわてている現代人に大きな示唆を与えるものだと考えさせられました。そして、世界の成り立ちという物語を持つことの大切さを知らしめてくださいます。研修生は、何を感じてくれたでしょうか。
P1080778.JPG

ところで、クレイグさんのガイドと聞いて、引率者は不安になりました。話の内容は本当に意義深いのです。が、クレイグさんの説明にはアボリジニの精霊の名前とか、星の名前とか、聞いたこともない単語が随所に出てくる上、相当早口で説明されるのです。しかも、間をおかずにお話になるので、去年は引率者が通訳を挟む暇もありませんでした。

 でもそこはさすがのベテラン、Anna先生。話の間にすっと滑り込んでわかりやすい英語で言い換えて説明してくださいます。鮮やか。それにしても、英語に英語の通訳を入れて話を聴くとは、なんとも不思議な気持ちです。そして、それをフムフムといいながら聞き取る研修生の姿に何ともいえない感慨を覚えるのでした。P1080794.JPG
 英英通訳をするAnna先生

N.Miyashita@Perth
posted by 三田祥雲館 at 20:37 | 兵庫 | Comment(2) | 海外研修

生徒会役員の1日♪

今日はオープンハイスクール1日目でした。
 
生徒会役員の仕事は、中学生のみなさんにパンフレットを渡したり体験授業教室へ誘導をしたり、学校紹介をすることでした。
 
 
 
 
去年の夏、大講義棟で話を聞いていたメンバーが、前に立って話をし、学校を案内していることが少しおもしろかったです(笑)
 
 
 
 
明日も、たくさんの中学生のみなさんが祥雲館に来たいと思ってくださるよう、頑張ります!!
posted by 三田祥雲館 at 19:34 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 生徒会より

自然科学への誘い夏季集中講座 3日目

自然科学への誘い夏季集中講座の3日目は班別学習発表のためのポスター作成を行ないました。ポスターを作成するための基礎学習は1日目に行ないましたが、実際に作成するとなると分からないことが多く苦労しました。7月30日(月)の発表は頑張りたいと思います。

20120727_01.jpg

20120727_02.jpg
班内で相談しながらポスター原稿を作っています。
posted by 三田祥雲館 at 08:28 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

男子サッカー部日誌(7月22日)

7月22日 丹有地区リーグ
祥雲館VS三田学園 午前11時キックオフ

この日も全員で円陣を組み、気合い十分で試合に挑みました。

前半から祥雲はパスを繋ぎ、ゴールを狙います。
そして前半21分3年生WK先輩のアシストで3年生FY先輩がシュートを決め、先制点を奪います!
その後何回かシュートを打たれましたが、全員で守りきり、1ー0で前半終了。

1343563292532.jpg

後半も祥雲は積極的に攻めていき、後半5分、3年生FY先輩のアシストで2年生TK先輩のシュートが決まります!
その後も後半30分には、3年生FY先輩のシュートがポストに当たりこぼれたボールを、交代直後の1年生KR君が、ファーストタッチでゴールに押し込み追加点を得ます!
その直後の後半31分にも1年生KR君のシュートがきまり、試合終了。

1343563303647.jpg

選手交代で入った1年生が、2得点するという冴えたベンチワークも素晴らしかったです。

結果4ー0で勝つことができました(^〇^)

手(チョキ)☆本日のMVP☆手(チョキ)

3年生FY先輩 先制点を決めチームを勢いづけてくれましたるんるん
1年生KR君 すばらしいシュートを2本も決めてくれましたるんるん
posted by 三田祥雲館 at 08:19 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 男子サッカー部日誌