2012年08月11日

天文summer交流会〜金環・大部分日食報告会(天文部)

8月1日水曜日、天文部は神戸市西区学園都市のUNITYで行われた「天文summer交流会〜金環・大部分日食報告会」に参加して来ました。兵庫県内の高校生や学校の先生が集まり、金環日食をどのように見たのか報告しました。
まず始めに交流会を行い他校の学生とも仲良くなれました!
その後、学校紹介・ポスター発表があり私たちは「ベイリービーズから求める太陽半径」について発表しました。今回の報告会は、普段は違う活動をされているという方もたくさん参加されていました。限界線を探したり、明るさの変化を調べるなど…今更ながら、金環日食は本当に大きな出来事だったのだなぁと感じました。これからも、解析を続けさらに良い結果を目指したいです!!

20120801_11.jpg
和気あいあいと日食観測の成果を交換し合いました。

20120801_12.jpg
私たちのポスター発表にもたくさんの人が集まってくれました。

20120801_13.jpg
サンテレビの取材もありました。
posted by 三田祥雲館 at 12:07 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

女子サッカー部通信「走れ、祥雲館!」(8月10日)

【活動報告】
8/7(火),8/9(木),8/10(金)と練習試合を行いました。

8/7は淡路島まで遠征を行い、天然芝のグラウンドで北摂三田高校と合宿を行っていた三田西陵高校と練習試合をしました。

20120807_11.JPG20120807_12.JPG

8/9は宝塚東高校と広島県立廿日市高校を、8/10は三田西陵高校と有馬高校と廿日市高校を本校にお招きして、練習試合を行いました。
20120807_13.JPG20120807_14.JPG20120807_15.JPG

暑い中での連戦で、疲労の色も見えましたが、生徒たちはよく頑張っていたと思います。


9/2から始まる選手権に向けて、残りの期間も頑張っていきます。


【選手権情報】
9/2(日)  11:30〜  1回戦  vs北摂三田 @三田祥雲館
応援よろしくお願いいたします。
posted by 三田祥雲館 at 11:53 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 女子サッカー部通信

女子サッカー部通信「走れ、祥雲館!」(8月6日)

【活動報告】
8/2(木),8/6(月)に丹有地区の男子サッカー部に混ざってサッカーをしている女子中学生を本校の部活に招待して、合同練習会を行いました。
8/2は7名、8/6は14名の中学生が参加してくれました。

さらに8/6は宝塚東高校女子サッカー部にも参加していただき、総勢43名での活動となり、圧巻でした。

P8060195.jpgP8060200.jpgP8060212.jpg

中学生もとても楽しんでくれたみたいで、機会があればまたやりたいと思います。
posted by 三田祥雲館 at 11:46 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 女子サッカー部通信

平成24年度祥雲館サイエンスキャンプ(2日目)

2日目
8月10日(金)は京都大学地震予知研究センターで研修です。まずは、実際の観測場所を見せていただきました。地震の観測は、少しでも周囲の影響が出ないように、山中の静かな場所にあります。また、気温も一定でないと測定の精度が悪くなります。実際には、次の写真のような場所で測定されています。

20120810_01.JPG20120810_02.JPG

そして、いよいよ中に入ります。ヘルメットを付けて、ライトを持ち準備完了。中には扉が四重になっていて、気温は11℃に保った真っ暗な洞窟です。少し歩いた所に地震計や傾斜計があり、測定方法について京都大学の濱田先生から説明を受けました。

20120810_03.JPG20120810_04.JPG

その後、上宝研究所に戻り地震予知研究の現状や実際に震度計でどの程度の揺れを測定できるのかなど、説明していただきました。

20120810_05.JPG20120810_06.JPG

京都大学の高田先生、大見先生の説明もとても分かりやすく、生徒もたくさん質問することができました。本当に貴重な体験をさせていただきました。

20120810_07.JPG

2日間という短い間でしたが、普段は見学できないような最先端科学の研究施設に触れ、生徒達は一回り大きくなったような気がします。このサイエンスキャンプに参加した生徒達が、未来の科学技術を支える研究者になって欲しいと思います。
posted by 三田祥雲館 at 11:36 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

平成24年度祥雲館サイエンスキャンプ(1日目)

1日目
8月9日(木)の午前7時に祥雲館を元気に出発しました。参加生徒12名、いよいよ祥雲館サイエンスキャンプのスタートです。この先どのような最先端科学が待ち受けているのでしょうか。生徒達も凄く楽しみにしています。道中は高速道路の通行止めや渋滞に巻き込まれて、予定より一時間遅れで、東京大学宇宙線研究所に到着しました。ここで日々、素粒子の研究が行われています。

20120809_01.JPG

そして、いよいよスーパーカミオカンデに到着。ここがその入り口です。中は真っ暗で少し不気味な感じがしました。さぁ、小柴博士がノーベル賞を受賞された研究のニュートリノ観測装置を見学に行きましょう!!

20120809_02.JPG

スーパーカミオカンデの入り口です。みんな興味津々で中へ・・・。

20120809_03.JPG

中には見たこともない巨大な実験施設や観測装置が広がっていました。ここでニュートリノを観測されているのですね。この写真は観測装置の上部に当たる場所です。

20120809_04.JPG

そして、こちらは僅かな光を観測できる光電子増倍管です。その性能は月面で照らした懐中電灯の光を観測できる程、優れたものです。実際の観測装置では11,129個も使われています。

20120809_05.JPG

最後に東京大学の小塩先生から講義を受けました。本当に分かりやすく丁寧な説明で、生徒達も質問をたくさんすることができました。質問し過ぎて、少し時間オーバーするくらいでした。

20120809_06.JPG20120809_07.JPG

これで一日目の研修は終了しました。生徒達も大満足の一日でした。明日も頑張りましょう。
posted by 三田祥雲館 at 11:30 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール