2013年02月27日

ご卒業おめでとうございます〜第9回卒業式〜

昨日からの雨が上がり少し暖かな気温となった今朝、第9回卒業式が行われました。
Dsc_0591.jpg

祥雲館の「学び」の象徴である大講義棟で出番を待つ「チーム9回生」
Dsc_0598.jpgDsc_0600.jpg

卒業生入場
Dsc_0610.jpg

卒業証書授与
Dsc_0625.jpg

学校長式辞(詳細は後ほど)
Dsc_0629.jpg

来賓祝辞
Dsc_0633.jpg

祝電披露
Dsc_0649.jpg

在校生送辞
Dsc_0635.jpg

卒業生答辞
Dsc_0640.jpg

校歌斉唱
Dsc_0655.jpg

卒業生退場
Dsc_0660.jpg

学校長式辞
 校庭の木々の枝にも穏やかな早春の息吹が感じられる今日の佳き日に、多数のご来賓の方々並びに保護者の皆様のご臨席を得て、ここに兵庫県立三田祥雲館高等学校第九回卒業証書授与式をとりおこなうことができますことは、本校にとりまして誠に光栄とするところであり、ここに衷心より厚くお礼申し上げます。
只今、卒業証書を授与いたしました三一七名の卒業生諸君、卒業おめでとう。この三年間、諸君は三田祥雲館高校で、社会人としての基礎・基本を身に付ける日々を過ごしました。知・徳・体をバランスよく育み「自ら学び、考え、行動できる能力を培う」という本校の教育目標、そして校訓「自律・創造・敬愛」のもと、諸君は実に果敢に学業や部活動あるいは生徒会活動、学校行事に取組んできました。また、友と語り、涙し、力を合わせ、かけがえのない青春を自らの手で作り上げ、生涯続くであろう友情を育んできました。三年間の高校生活の中で、数々の感動を体験し、貴重な財産を内面に蓄え、人間として確実に成長したはずです。諸君の努力と研鑽に心からの敬意を表するとともに、この日の感激を胸に大いなる飛躍を期待したいと思います。
保護者の皆様にはお子様のご卒業を心よりお祝い申し上げます。三年間大切にお子さまをお預かりしてまいりましたが、その間、学校の教育方針をご理解いただき、温かいご協力をいただきましたことを本校の教職員を代表いたしまして深くお礼申し上げます。
さて、卒業生諸君。新たな旅立ちには新たな決意が必要です。皆さんの輝かしい門出にあたり、思うところの一端を申し述べて、はなむけの言葉にしたいと思います。
第一は、「あなたが置かれた環境、状況で、最善をつくしなさい」ということです。「生きるというのは考えるということである」とキケロが言ったように、人は幾つになっても生きるとはどういうことかと思索し、自分の生き方に悩むものです。しかし、ただ考えただけでは未熟です。人生は本当に体験しなければ、分かったつもりでも本当には分かっていないものです。むしろ、自分が置かれた環境、状況の中で、与えられた仕事、与えられた役割を、手を抜かず最善を尽くしてやり抜くことが大切です。「いま、ここ」に心を集中し、ただそのこと一つに徹して取組むことによって、人生の受け止め方も違ってくるものです。自分は回り道をしているとか、自分の本当の進むべき道は別にあるとか、何事も一時の腰掛けのつもりで手を抜いてやっていると、必ず悔いが残ります。 しかし、どんなことであれ、その時に全力を尽くしてやったことは、後で必ずプラスになって返ってくるものです。全力を尽くして取組んでいる限り人生に無駄はありません。大リーグで活躍しているイチロー選手は、「いろいろな知識を簡単に頭に入れられる時代。頭で理解するのではなく、身をもって大切なものを得られる生き方ができたら最高だ」と話しています。
また、若い時には周りの人の言葉に、心が揺れたり頑張りすぎたり、自分を見失うこともあるでしょう。どうも自分らしくない、疲れたなどと感じることがあるかもしれません。そういうときは、自分のことばかりを考えているからです。展望は遠く、視野は広く、考えは深くあるように心がけることです。書物を紐解くのもいいかもしれません。古典の英知の結晶に学び、歴史の教訓に学べば、自分の本当の姿、進むべき人生の方向が見えてくることでしょう。自分という存在は自分以外の誰かがいて初めて成り立っていると思い、目を転ずることが大切です。最高の生き方とは、一度しかない人生を、精いっぱい、力いっぱい、命いっぱい、最善を尽くして生きることではないでしょうか。
第二は、「しあわせはいつも自分の心が決める」ということです。善いことを思い、善いことをすれば、自然と善い結果が生まれるし、不幸を嘆いて暗い顔をしていたり、不満や人の悪口を言っていたりすると、人に避けられるようになり、いつになっても状況が好転しないものです。腰塚勇人(こしづか はやと)さんの著書、『命の授業』を読んだとき、人の心の温かさ、生きることのしあわせをあらためて教えられ、とても感動しました。「たぶん一生寝たきりか、車椅子の生活になるでしょう」とお医者さん言われるような首の骨を折る大けがにより、充実した教員生活から一転、人生の奈落に叩き落されました。それまで競争が大好き、「常勝」が信条で、人に負けない生き方をずっと貫いていたそうです。一時は自殺まで考えたという苦悩の底にあっても、プライドが邪魔して助けてと言えない。そんなときに心を開かせてくれたのは、奥さんの言葉、母親の言葉、そして看護師さんの「辛さは本当にはわかってあげられないけれど、私にできることはなんでもしますから、我慢しないで言ってください」という言葉だったそうです。人の気持ちを分かろうとする一言。この人にだったら助けてと言えると思うとともに、心の温もりにふれ、感極まり号泣したそうです。そして、人の放つ一言が人生をどうにでも変えてしまうんだと感じ、自分は言葉を丁寧に使おう、言葉をちゃんと選んで丁寧に使おうと決めたそうです。この後、さまざまな人との出会いを経て見事社会復帰を果たし、自らに対して「5つの誓い」を立てました。その5つの人生信条は、“口は人を励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう。耳は人の言葉を最後まで聴いてあげるために使おう。目は人のよいところを見るために使おう。手足は人を助けるために使おう。心は人の痛みがわかるために使おう”です。
この世の中を、しあわせに愉快に過ごそうと思ったら、人の喜びをもって自分の喜びとし、自分を愛する心をもって人を愛し、人に喜ばれるように、さらには人を喜ばすように努力するとよい。
どうか、卒業生の皆さん、どんなときにも最善を尽くし、いのち豊かに、健やかに、そして、自らの信じる道を「今がしあわせ。今が楽しい。」と喜びをもって日々を歩まれるよう切に願っております。皆さんの輝かしい前途に幸多かれと念じつつ式辞といたします。

平成二五年二月二七日
兵庫県立三田祥雲館高等学校
校長 市毛 康之











posted by 三田祥雲館 at 13:06 | 兵庫 ☁ | Comment(2) | 日記

2013年02月26日

表彰式&同窓会入会式

いよいよ明日は9回生の卒業式となりますが、今日は
表彰式&同窓会入会式が行われました。

皆勤賞・祥雲賞表彰式
DSC_0565.JPGDSC_0568.JPGDSC_0572.JPG

記念贈呈式(卒業生・生徒会・育友会)
DSC_0576.JPGDSC_0579.JPGDSC_0583.JPG

そして同窓会入会式が行われました。
DSC_0589.JPG

明日の天気はどうでしょうか・・・
posted by 三田祥雲館 at 16:31 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

2013年02月25日

「しゃべランチ」終了!

1月15日(火)から、「しゃべランチ」を再開していましたが、2月25日(月)に、今年度の日程をすべて終了しました。
寒さのせいか、参加者はやや少なめでしたが、それでも、足を運んでくれたみなさんとは、
お弁当を食べながら、じっくりと会話を楽しむことができました。
アメリカでは、マクドナルドは「ミッキーディー」と呼ばれているとか、イギリスには、白鳥が恩返しをするという話があるとか、興味深い話をたくさん聞くことができました。

Dsc01717.jpgDsc01719.jpg

以下は、毎日参加してくれたマット先生とアンナ先生からのメッセージです。

★MATT先生
We enjoyed another year of Shabe lunch together. I really enjoyed getting to know the students by sharing stories and laughs. I look forward to more opportunities to speak with students in a more informal setting. I hope Shabe lunch continues to motivate the students to speak more English and encourages international exchange.

★ANNA先生
Shabe lunch is a really great opportunity for students and teachers to get together in an informal setting and use English. Students and teachers of any ability can participate, and can benefit from the all-English environment. I have really enjoyed taking part in Shabe lunch on Wednesdays and Thursdays this year. It is especially fun when lots of students come because I can chat to them and find out things about them, which is difficult to do in a classroom setting. I hope that lots of students will come to Shabe lunch next year!

「話せる英語委員会」では、これからも、みなさんが気軽に英語を話すための場を提供していきたいと考えています。
We look forward to seeing you again in spring.また、春にお会いしましょうるんるん
posted by 三田祥雲館 at 15:38 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 国際交流・ESS

2013年02月22日

男子サッカー部日誌(2月11日)

2月11日 丹有地区リーグ戦
祥雲館vs三田松聖 午後1時キックオフ

この日は、雪がちらつく中での試合となりました。

Dsc_0386.jpg

前半が始まり、細かくパスを回してゴールを目指します!そして、前半11分、1年生KW君のアシストで2年生SM君が先制点を奪います!
その後、両者点は動かず、1ー0で前半終了。

Dsc_0387.jpg

後半開始2分、2年生UT君のアシストで1年生FH君のシュートが決まります♪
その後も積極的に攻め、後半11分に2年生YK君のシュートが決まります。そして、2ー0で後半終了。

Dsc_0388.jpg

結果、3ー0で勝つことができました。わーい(嬉しい顔)

今年も、丹有地区リーグ戦が始まりました!
部員全員、気合い十分で、一戦一戦挑みますので、応援よろしくお願いします。

ぴかぴか(新しい)本日のMVPぴかぴか(新しい)
2年生YK君、積極的なプレーでした手(チョキ)
2年生SM君、 先制点を決めてくれました手(チョキ)
posted by 三田祥雲館 at 20:47 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 男子サッカー部日誌

2013年02月21日

第3回気仙沼大島震災復興ボランティア事前活動その1

2月19日、3月の気仙沼大島訪問を前に第1回目の事前活動を行いました。
 
今回のボランティアは、東日本大震災を語り継いでいくことを大きな目的としています。
そのため、実際に阪神淡路大震災の「語り部」として活動されている安藤さんと、こういった活動を支援されたり防災学習プログラムを実施されているNPO法人「ふたば」の内屋敷さんにお越しいただき、お話しをうかがいました。
 
 
語り部である安藤さんは、阪神淡路大震災の際、長田区で被災されました。その時の家族の様子、長田の状況、避難所での出来事などをお話ししてくださったのですが、話す声のトーンや絶妙の間、聴く側への配慮などがあり、震災を経験していない私たちにもその光景を想像させました。
 
 
 
被災体験のない私たちが語り部になっても大丈夫なのだろうか?と、不安がありましたが、お話し後の質疑応答の中でお二人から
 
 
『被災された方の思いをくみとりながら話を聞き、それを語り継いでいくことが大切』
 
 
との言葉があり、私たちはその役目をしっかり果たそうと改めて決意しました!
 
 
 
 
 
次回の事前活動は、期末考査後に行います(^-^)
 
 
 
posted by 三田祥雲館 at 23:12 | 兵庫 🌁 | Comment(0) | 生徒会より

World Project Presentation 〜実践英会話〜

実践英会話では、1月からずっと、「World Project」に取り組んできました。
これは、ある国の観光大使として、その国の文化や人々の暮らしを紹介するというプロジェクトです。

DSC01709.JPGDSC01662.JPG

約2ヶ月の間、インターネット等で情報収集し、パワーポイントのスライドと英語原稿を作成し、練習をしてきました。
そして、2月20日(水)5・6限に、発表会を行いました。
10ヶ国からの大使?が集結し、それぞれのプレゼンテーションを披露しました。

DSC01691.JPGDSC01705.JPGDSC01697.JPG

どの国の発表も工夫が凝らされており、「行ってみたい!」と思わされるような興味深い内容でした。
最後は、全員でベストプレゼンテーションの投票を行いました。1位は、M.Fさん&K.Yさんペアによるパラオのプレゼンテーションでした。audienceとのやり取りを効果的に行い、とても楽しめる内容でした。Congratulations!

DSC01708.JPGDSC01713.JPG

今日で実践英会話の授業は終わりですが、これからも、英語や外国に興味を持って、勉強を続けていって下さいね。
All of you did a great job. We are very proud of you! We hope you will keep studying English.
posted by 三田祥雲館 at 08:44 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 国際交流・ESS

今回のお花は・・・(2月8日華道部)

今回のお花は、麦、チューリップ、水仙、ヒカゲカズラ、撫子です。
チューリップや水仙を題材に身近なお花で生けてみました。まだまだ寒さが続く中ですが、春らしい花を生けて少し早い春を感じることができました。

IMG_0208.JPG

次回の活動日は、3月8日(金曜日)13時30分からです。ぜひ、のぞきに来て下さい。
posted by 三田祥雲館 at 08:06 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | クラブ情報(文化部)

2013年02月20日

早咲きの桜 〜推薦合格者発表〜

小雪の舞う中、大講義棟前で推薦入学試験のぴかぴか(新しい)合格発表ぴかぴか(新しい)が行われました

受検生は、発表ボードが開くときは、緊張の一瞬でしたでしょうね
発表が行われると、歓声があがりましたるんるん

Dsc_0545.jpgDsc_0549.jpgDsc_0557.jpgDsc_0556.jpg

12回生半分の140名が決まりました わーい(嬉しい顔)
今日合格した生徒の皆さんは、4月までそれぞれ自分を磨く学習をしてきてください。

残り140名は、3月の一般学力検査で募集します。もう一踏ん張りです。がんばってexclamation
きらきらした笑顔の皆さんに会えるのを楽しみにしています
posted by 三田祥雲館 at 14:34 | 兵庫 🌁 | Comment(4) | お知らせ

男子サッカー部日誌(2月10日)

2月10日 練習試合
この日は祥雲館グラウンドで、八鹿高校と豊岡高校と練習試合を行いました!

祥雲館vs八鹿高校
午後0時キックオフ

試合が始まり、積極的に攻めていきますが、なかなかシュートを決めることができません。そして、両者無得点のまま前半終了。

1360842543514.jpg

後半は、開始3分2年生HK君が先制点を奪います!その後、8分に2年生HK君が、26分に2年生YA君が、27分に2年生IK君がシュートを決め、4ー0で後半終了。
結果、4ー0で勝つことができましたわーい(嬉しい顔)

1360842552656.jpg

祥雲館vs豊岡高校
午後1時30分キックオフ

前半が始まり、16分1年生KR君のアシストで1年生FH君が先制点を奪います!
そして、26分と29分に1年生FH君が、31分に1年生KR君がシュートを決めます。
その後、32分に相手にシュートを決められますが、34分にはオウンゴールが入り、5ー1で前半終了。

1360885345186.jpg

後半が決まり、4分相手にシュートを決められてしまいます。
しかし後半6分、2年生KY君のシュートが決まります。
その後18分には2年生KY君が19分には2年生SM君が、21分には1年生YN君が、23分には1年生KW君がシュートを決め、5ー1で後半終了。

結果、10ー2で勝つことができましたわーい(嬉しい顔)

ぴかぴか(新しい)本日のMVPぴかぴか(新しい)
1年生FH君、ハットトリック達成です手(チョキ)
2年生KT君、積極的に動いてくれました手(チョキ)
posted by 三田祥雲館 at 09:18 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 男子サッカー部日誌

2013年02月19日

第4回OBG合同練習 〜吹奏楽部〜

 2月17日(日)14:00〜第4回目のOBG合同練習を行いました。
昨年の12月末から、定期演奏会に向けて練習を積み重ねています。先輩は大学生から社会人の方まで、忙しい合間を縫って、たくさん参加してくださっています。本当にありがとうございます。懐かしい再会を喜んだり、近況や昔話を聞いたり、話は尽きることがありません。10年間の伝統がしっかりと先輩から後輩たちに受け継がれ、より良く進化し続ける祥雲館吹奏楽部の音色がそこにありました。
 定期演奏会に向けて、現役生たちも必死に準備を進めているところです。3月の本番にその成果が発揮できるよう一丸となって頑張ります!!

130217_01.jpg130217_02.jpg130217_03.jpg130217_04.jpg

〜祥雲文化セミナー(吹奏楽・美術・天文とともに)のお知らせ〜
ぴかぴか(新しい)三田祥雲館高校吹奏楽部第10回定期演奏会ぴかぴか(新しい)
 日 時 2013年3月25日(月)
     開演18:30 開場18:00
 場 所 三田市総合文化センター 郷の音ホール 大ホール
     (JR三田駅または神戸電鉄三田駅下車 徒歩10分)

 曲 目:T部 アルセナール
      2013年度全日本吹奏楽コンクール課題曲より
     U部 〜客席のみなさんと一緒に創るステージ〜
      スペシャルゲスト Drum:山縣雅志さん
     V部 〜卒業生・OBGの皆さんと〜
      ロマネスク
      宝島    他…
     ※やむを得ず、演奏曲目が変更になる場合があります。

ぴかぴか(新しい)同 時 開 催ぴかぴか(新しい)
 2F展示室及びホールホワイエにて
   17:30〜20:30
  ○美術部作品展
  ○天文部研究発表ポスター展示

 お問い合わせ:兵庫県立三田祥雲館高等学校吹奏楽部
 п@079-560-6080
 入場料は無料です。皆様お誘いあわせのうえ、ぜひぜひお越しくださいるんるん
posted by 三田祥雲館 at 08:31 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | クラブ情報(文化部)

男子サッカー部日誌(2月2日)

2月2日 練習試合
祥雲館VS西脇高校
午前10時キックオフ

この日は厳しい寒さはなく過ごしやすい気候でしたが、グラウンド状態は良くない中での試合となりました。

1359959625511.jpg

前半が始まりパスを回しますが、相手に度々パスをカットされ、なかなかゴールまで向かう事ができません。
そして前半終了間際、32分に相手にシュートを決められてしまいます。
そのまま0ー1で前半終了。

1359959631157.jpg

後半、 なんとか追い付きたい祥雲は積極的にボールに触っていきます。
後半3分、2年生SM先輩によるCKから1年生FS君がシュート!
流れに乗った祥雲は、19分にもPKにて1年生KW君がシュートを決め逆転に成功!

1359959638347.jpg

その後は失点もなく、2ー0で後半終了。
結果2ー1で勝つことが出来ました!わーい(嬉しい顔)

ぴかぴか(新しい)本日のMVP・ぴかぴか(新しい)
2年生YA先輩
シュートを打とうと前向きにプレーしてくれました手(チョキ)
1年生FS君
上手くタイミングを合わせて同点打を決めてくれました手(チョキ)
posted by 三田祥雲館 at 08:07 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 男子サッカー部日誌

2013年02月18日

ニアミス小惑星(2012DA14)

2月16日(土)の明け方〈2012DA14〉という小惑星が、気象衛星よりも地球の近くを通過した事をご存知でしたか?

天文部はこの小惑星を撮影することに成功しました。
ビデオ撮影・望遠鏡/一眼レフカメラでの写真撮影と、多くの収穫を得ることが出来ました!
雪がちらつき強風の中の厳しい観測でしたが、無事小惑星をカメラにおさめ感動と興奮の中、終了しました!

今後も天文部の活動に
ご期待下さい(笑)

2012DA14.jpg
写真の解説
この写真は午前5時55分頃、冷却CCDで撮りました。
上方向が北です。20秒間間欠的にシャッターを開き撮っています。3秒間の露出と2秒間のインターバルで点線上になっています。明るさは同じ写野に写りこんだ6.9等星とくらべると6等台後半かと思われます南から北(下から上への方向)へ移動しています。画面中央下の滲んだ光は銀河M65で、その隣には不鮮明ですが銀河M66も写っています。
posted by 三田祥雲館 at 12:14 | 兵庫 ☁ | Comment(1) | SSH・天文部・理科部

2013年02月12日

現代社会と歴史の関わり 〜2年次世界史B

 本校の地歴公民科教員 浅野慎太が担当する本年度の2年次の世界史B(4単位)では、毎週金曜日の授業を使って、「現代社会と歴史の関わり」というテーマで、現代の世界を見て不思議に思うことや疑問に感じることの歴史的背景を調べてきました。各班が調べたテーマと概要は以下の通りです。

@「なぜ、イギリスはユーロを導入せずにポンドを使用しているのか」
 EUの成立までの流れとイギリスのヨーロッパにおける歴史的な立ち位置を中心に調べ、
またユーロ導入のメリット、デメリットを考えました。

A「なぜ、沖縄に米軍基地が集中しているのか」
 江戸時代以降から現在までの日米間の国際関係を調べ、特に第二次世界大戦以降の両国の関係を日米安保を中心に調査しました。

B「なぜ、アフリカに発展途上国が多いのか」
 まず、発展途上国とはどのような国のことか、いつ頃にこの言葉ができたのかということを調べ、アフリカに発展途上国が多い理由とそれがなかなか解消されない理由を考察しました。

C「なぜ、バチカン市国は国土面積が極めて小さいのに国として存在するのか」
 共和政時代のローマまで遡り、バチカンのある地域が歴史的にどのような地域なのかということを順に調べていきました。

D「なぜ、ハワイはアメリカ領なのか」
 ハワイの歴史やアメリカの動き、スペインとの戦いなどを調べ、アメリカの独立から領土を拡大していく流れと関連させました。

130212_01.JPG130213_02.JPG

 2月に入ってからは、各班が調べたことに関して生徒が授業をしてくれています。
posted by 三田祥雲館 at 17:16 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 祥雲の舎窓〜探究学習

2013年02月06日

女子サッカー部通信「走れ、祥雲館!」(2月2日)

【活動報告】
 2/2(土)に新人戦の準決勝が行われました。相手はH先生の率いる夢野台高校ということで、生徒たちはアップ前からいつも以上に燃えていました。

130206_01.JPG
(アップ)

130206_02.jpg
(挨拶)  いざ、試合開始です。

 
 下馬評では夢野台に分があるようでしたが、試合が始まってみると選手たちはいつもに増して頑張っており、祥雲館ペースで試合ができていたと思います。

130206_03.jpg
(試合@)

130206_04.JPG
(試合A)

 しかし、シュートがポストを叩くシーンもありましたが、なかなか得点が奪えず延長戦にもつれこみました。
 延長戦も祥雲館ペースで試合は進行しましたが、延長後半終了間際にFKを直接決められ、0−1で負けてしまいました。


 結果は残念でしたが、祥雲館らしいサッカーができていたので、今回の悔しさをバネに総体に向けて一層レベルアップしていきたいと思います。


 今回も多くの方が応援に駆けつけてくださいました。また、日頃の活動に対しましても多くの方のご理解、ご協力を感じています。本当にありがとうございます。女子サッカー部の活動が多くの方に支えられて成り立っているということを、選手共々忘れずに一生懸命活動していきたいと思います。今後も応援よろしくお願いいたします。

【今後の活動予定】
  2/11(祝) 練習試合 vs有馬 (14:00〜 @有馬)
  2/23(土) 練習試合 vs兵庫教育大学 (10:00〜 @祥雲館)
   ※ 3月に関西リーグの1部2部入れ替え戦があります。
posted by 三田祥雲館 at 08:39 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 女子サッカー部通信

2013年02月05日

アンサンブルコンテストに出場! & 定期演奏会のお知らせ 〜吹奏楽部〜

こんにちは!!吹奏楽部です!
1月27日(日)に高砂市文化会館(じょうとんばホール)にて、第40回兵庫県アンサンブルコンテスト(第39回関西アンサンブルコンテスト予選)に出場しました!
2012年12月27日(木)の西阪神地区大会で、金管8重奏・クラリネット4重奏ともに金賞を受賞し、クラリネット4重奏は県大会への出場を決めました。
1年生ばかりで健闘し、銀賞をいただきました。
来年につながるとても良い大会になったと思います。ご支援を賜りました皆様方に感謝申し上げます。ありがとうございました。

〜祥雲文化セミナー(吹奏楽・美術・天文とともに)のお知らせ〜
ぴかぴか(新しい)三田祥雲館高校吹奏楽部第10回定期演奏会♪ぴかぴか(新しい)
日 時:2013年3月25日(月)
    開演18:30 開場18:00
場 所:三田市総合文化センター 郷の音ホール 大ホール
    (JR三田駅または神戸電鉄三田駅下車 徒歩10分)
曲 目:T部 アルセナール
       2013年度全日本吹奏楽コンクール課題曲より
    U部 〜客席のみなさんと一緒に創るステージ〜
       スペシャルゲスト Drum:山縣雅志さん
    V部 〜卒業生・OBGの皆さんと〜
       ロマネスク
       宝島    他…
    ※やむを得ず、演奏曲目が変更になる場合があります。

ぴかぴか(新しい)同 時 開 催ぴかぴか(新しい)
  2F展示室及びホールホワイエにて
   17:30〜20:30
  ○美術部作品展
  ○天文部研究発表ポスター展示

お問い合わせ:兵庫県立三田祥雲館高等学校吹奏楽部
       п@079-560-6080
入場料は無料です。皆様お誘いあわせのうえ、ぜひぜひお越しくださいるんるん
posted by 三田祥雲館 at 08:15 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | クラブ情報(文化部)

2013年02月04日

三田市展・三美展(美術部)

三田市展
2013年2月3日、三田市展の表彰式に行ってきました。洋画入選1点、工芸入選1点、彫塑で奨励賞1点をいただきました。写真は奨励賞の表彰式です。

Img_5378.jpg

三美展
三田市の高校美術部による展示がウッディタウン市民センター2階のギャラリーで始まりました。会期は2月4日(月)〜2月10日(日)(火曜休館)までです。お時間がありましたら、ぜひご覧ください。
posted by 三田祥雲館 at 12:39 | 兵庫 | Comment(0) | クラブ情報(文化部)

2013年02月01日

2月 全校集会

3年次が入試を控え自主登校となったため、いつもより参列数が少なくなった
2月1日、2月全校集会が行われました。

Dsc_0400.jpg

 1.校歌斉唱

 2.学校長講話(詳細は後ほど)
Dsc_0402.jpg

 3.生徒指導部長講話
Dsc_0406.jpg

 4.生徒会より 震災復興支援ボランティア募集

校長講話(詳細)
 3年次の授業が終わり、29日から家庭で学習をするようになり、今日の集会から1・2年次だけです。2年次の諸君は、センター試験まで1年を切りました。受験生として、自ら計画を立て、学習に励んでください。1年次は、この1年をチェックし、よくできたこと、反省すべきことを明確にして、4月から学校の中心年次として充実した学校生活を過ごすことを期待しています。4月には12回生を迎えます。在校生諸君は、祥雲館の先輩として、学習、学校行事、部活動など、学校生活の手本となるよう、しっかりと生活してください。
ところで、「天才とは、1%のひらめきと99%の努力の賜物である」とトーマス・エジソンが言った名言を知っていると思います。しかし、エジソンは1%のひらめきを得ることが大事だと日記の中で繰り返しているそうです。「最初のひらめきがよくなければ、努力しても無駄である。ひらめきを得るためにこそ努力はするべきなのに、このことをわかっていない人があまりにも多い」と、自分の発言が世の中に誤った解釈で伝わってしまったことを嘆いていたそうです。
『ひらめき脳』の著者で、脳科学者の茂木健一郎さんは、ひらめきについて本の中に次のように書いています。

ひらめきを生むためには、記憶を司る側頭葉に、ある程度の準備ができていないといけません。その準備とは「学習」のことです。ひらめくためには、それだけのマテリアルを側頭葉に入れておかないといけません。そしてそのために学習が必要となります。暗記する、記憶する、ということと、ひらめきや創造性は正反対であると思う人も多いかもしれません。しかし学習によって記憶のアーカイブがある程度蓄えられないと、ひらめきも生まれません。無からひらめきは生まれないのです。学校の勉強も、まったく無駄になるわけではないということです。

さらに、記憶について次のように書いています。

長期記憶として側頭葉に定着することが脳におけるゴールではありません。そこから記憶の編集が始まるのです。この記憶の編集が非常に重要です。「編集」とはつまり蓄えられたそれぞれの情報の結びつきや関係性が常に変化することです。変化の結果、当初は「この時にこういうことがあった」というエピソードとして貯蔵された記憶が、徐々に「こういう意味がある」という意味記憶に変わっていきます。
記憶が編集されることで、新しいものが生まれてきます。この「新しいもの」を生み出す「記憶の編集力」こそが、「ひらめきを生み出す力」なのです。ひらめきは、記憶の編集過程で出てくるといっても過言ではないのです。

ひらめきや創造性は記憶の中から生みだされるもので、記憶していない、知識がないことについて、ひらめいたり、創造性を発揮したりすることは無いということです。役立たないように思いがちな様々な知識が諸君の創造性の源であり、そうだったのかとひらめいたりする原動力です。しっかりと学習して、すばらしいひらめきと創造性で、社会で活躍、貢献する人材が祥雲館から育つことを願っています。
posted by 三田祥雲館 at 15:51 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記