2013年08月19日

夏の熱き戦い ―SSH生徒研究発表会―

全国のSSH指定校が一同に会して日頃の成果を発表するSSH生徒研究発表会が、今年も8月7日・8日の2日間にわたりパシフィコ横浜・国立大ホール、展示ホールBを舞台に行われました。

130819_01.jpg

日程
8月6日(火) 準備
8月7日(水)
9:00〜10:00 全体会(開会、講演)(国立大ホール)
10:30〜17:00 ポスター発表(展示ホールB)
17:30〜18:00 全体会(代表発表校選出結果の発表、講評)(国立大ホール)
8月8日(木)
9:00〜11:20 全体会(代表発表校による口頭発表)(国立大ホール)
12:20〜13:40 ポスター発表、片付け(展示ホールB)
14:00〜15:00 全体会(表彰、全体講評、閉会)(国立大ホール)

本校からは3年次ゼミU生体調節講座から理系女4名がポスター発表に挑みました。発表タイトルは『コオロギの視覚誘発性触角指示行動』。
130819_02.jpg

発表練習の時から、「どうしたらわかりやすい説明になるか」に力点を置いて様々な工夫を凝らし、小道具も作って発表に臨みました。
130819_03.jpg

6.5時間にも及ぶ長い発表時間に、途切れることなく非常に多くの方々が発表を聞きに訪れて下さり、また「good jobシール」もたくさん貼っていただきました。
130819_04.jpg

その結果、平成19〜25年度指定校(198校)のポスター発表から、参加校生徒の投票により10校に与えられる『生徒投票賞』に選出されました(2年連続)。発表を聞きに来て下さった皆様ありがとうございました。
130819_05.jpg

なお、表彰の詳細は下記をご覧ください。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/25/08/1338587.htm
posted by 三田祥雲館 at 11:00 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール