2013年10月24日

天文部校内観測(10月14日)

13日の夜から14日の早朝にかけて校内観測を行いました。
恒星が月に隠れる星食の観測には時間が足りず成功しませんでしたが、年末にかけて肉眼で見えるほど明るくなるといわれている『アイソン彗星』はCCDカメラで撮影することができました
最近まで昼夜ともに夏のような気温が続いていましたが、観測当日は大変冷え込み、何枚も重ね着をして挑みました。やっと秋になり、冬が近づいてきたという感じがします。13日は京都大学花山天文台に太陽黒点の実習に行って疲れていましたが、明け方までみんなで頑張りました。

天文部は11月に兵庫県の総合文化祭での発表があります。いい成績を残し、全国大会に出場できるように頑張っていきたいと思います。また、祥雲星空教室も開きますので是非参加してください

131024_11.jpg
10月14日明け方のISON彗星。夜露が激しくて反射鏡がやや曇ってしまいました。
しかし、明るさは11台に写って確実に明るくなっています。中心部の右側に尾を引いた星がISON彗星です。

posted by 三田祥雲館 at 08:03 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール