2014年02月24日

「金環日食から求める太陽半径研究会」へ参加してきました。

2月22日(土)京都大学理学部で「日食観測から求める太陽半径研究会」が開かれ、天文部も参加して来ました。2012年5月21日の金環日食では、NPO法人花山星空ネットワークによる 「賀茂川プロジェクト」そして金環日食限界線研究会「チームB」によって 観測から太陽半径を求める取り組みが行われ、この研究会は2つのグループの報告会です!

私達も一昨年から太陽半径をテーマに研究をしていたので何か新しいことが分かるかもしれないと楽しみでした。ハイレベルな講演・議論に正直、??となる部分もありましたが今まで疑問だったことが解消したり、これから手をつけていく課題が見つかったりなど有意義な時間を過ごすことができました。
未だによく分からない太陽半径をより正確に求めるー。
手探りの研究はまだまだ続きます。

140224_01.jpg
会場は京都大学理学研究科4号館、天文関係の研究室が多く入っているだけあって屋上には天文ドームがありました。

140224_02.jpg
国立天文台 相馬先生の講演をはじめプロジェクトを引っ張ってこられた方々からの
講演や報告がありました。

140224_03.jpg
閉会後でみんなで記念写真。太陽半径決定への道のりはまだまだ続きます。
posted by 三田祥雲館 at 16:30 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール