2014年11月01日

「普通になりたいあなたへ 時松 愛」(人権教育講演会より)

 10月29日(水)4限目、全校生徒を対象に人権教育講演会が本校体育館でありました。
141029_01.jpg

今回は「普通になりたいあなたへ」と題してベビラン代表の時松 愛さんに講演していただきました。
141029_02.jpg

 時松さんは二度の重い病を患うなど多くの苦難に対し、その事実と向き合いそれを乗り越えてきました。「ベビラン」を始めたり、TEDトークの翻訳をされたり、多くの生徒が時松さんのお話に聞き入りました。「無理に普通になるのではなく、自分らしさをみつけること。」その言葉から希望と勇気をもらいました。時松さん、ありがとうございました。

141029_03.jpg141029_04.jpg

≪生徒の感想より≫
 普通がどんなものかという定義づけは難しいが、他人より劣っていること、欠けていると思えること、重荷となっていることは人それぞれにあると思う。自分の持っているものをやっかいな荷物と考えるか、武器だと考えるかは見方しだい。柔軟な視点で「普通じゃない」をスペシャルにすれば、人生はもっと楽しくなると思う。

posted by 三田祥雲館 at 06:49 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 日記