2014年12月25日

サイエンスキャッスル 2014 in Kansai

12月23日、私たちは神戸デザインクリエイティブセンターで行われた「サイエンスキャッスル2014 in Kansai」に参加しました。そこで、私たちはHRO(流星電波観測)と太陽黒点観測と小惑星sandashounkanの観測についてポスター発表を行いました。小惑星sandashounkanの観測については口頭発表も行いました。ポスター発表の中には「どの消しゴムが一番消しやすいか」など身近で斬新な発表もありました。口頭発表では英語で発表していた学校もありました。また、京都産業大学や麻布大学なども展示を行い、大学での研究の情報紹介も行っていました。
ポスター発表では、ぴかぴか(新しい)「研究奨励賞」ぴかぴか(新しい)を頂きました。ただ、ポスター発表では完璧に説明することができなかったので研究内容についてまだまだ知識を深める必要があると思いました。これから知識を深めるとともに、データをさらに収集してより研究を深めたいと思います。

141223_41.jpg
「小惑星sandashounkanの測光観測」についての口頭発表風景。
長時間観測の光度変化から小惑星sandashounkanの自転周期を求めました。

141223_42.jpg
会場のクリエイティブデザインセンター神戸は昭和初期に立てられた旧神戸市立生糸検査所の建物です。
木の床や重厚な石の柱に歴史の重みが感じられました。
posted by 三田祥雲館 at 14:25 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール