2015年02月11日

平成26年度「探究U発表会」が開催されました。

2月6日(金)、ぴかぴか(新しい)探究U発表会ぴかぴか(新しい)が開催されました。2年次生は4月から探究Uの授業で、各自が設定したテーマに沿って探究活動を行ってきました。その成果を、ポスター発表の形で披露しました。人文社会系33代表、自然科学系21代表、計54代表が体育館で堂々と発表する姿に、チーム12回生のパワーを感じました。その様子を一部だけですが紹介します。

150206_51.jpg
2年次3組 藤本章良君の挨拶でスタートです。

みんな堂々と発表していまするんるん
150206_52.jpg150206_53.jpg150206_54.jpg150206_55.jpg150206_56.jpg150206_57.jpg150206_58.jpg150206_59.jpg150206_60.jpg
聞き手には1年次生も加わりました。先輩の姿に感心するばかりです。
質疑応答も活発に行われ、ご来賓の方々からも貴重な意見をいただきました。

午後は、講演会です。人文社会系、自然科学系に分かれて興味深い講演を聴きました。

人文社会系:山本美奈子氏(JICA関西)
「国際社会に貢献するために必要な力とは」

150206_61.jpg

自然科学系:井澤公一氏(東京工業大学大学院理工学研究科准教授)
「冷やして“もの”を見る 〜自然を謎解く魅力〜」

150206_62.jpg

閉会行事では、最優秀賞、生徒投票賞の表彰があり、最優秀賞2名は、改めて全員の前で発表しました。素晴らしい発表でした。

ぴかぴか(新しい)人文社会系最優秀賞 山下 祐佳さん「自己肯定感と不登校問題の関係について」
150206_63.jpg

ぴかぴか(新しい)自然科学系最優秀賞 谷河 匠君 「小惑星sandashounkanの自転周期」
150206_64.jpg

ぴかぴか(新しい)生徒投票賞 難波 孝君「なぜモーツァルトのオペラは現代で受け入れられるのか 〜フィガロの結婚から考える〜」
150206_65.jpg

神戸大学大学院理学研究科教授 中西康剛氏より講評をいただきました。
150206_66.jpg

最後を、金山葵君の挨拶で締めくくりました。
150206_67.jpg

発表者も聞き手となった人もお互いによい刺激を受けたと思います。探究Vでの論文執筆に向けて、ますます積極的に探究していきましょうexclamation
posted by 三田祥雲館 at 09:37 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール