2015年07月16日

ハートマークは見えませんが、(天文部)

 ここ1か月以上、ほとんど晴天には恵まれませんでしたが、7月14日は久々に高気圧に覆われ澄んだきれいな星空が広がりました。奇しくもこの夜はNASAの冥王星探査機NewHorizonが冥王星に大接近した記念すべき夜でした。NewHorizonの冥王星最接近は日本時間で午後8時49分ごろだったようですが、遅れること約20分、午後9時過ぎに私たち天文部も30p望遠鏡に冷却CCDカメラを取り付け冥王星を撮影しました。中央付近の○内が冥王星です。冥王星は今、約14.5等で、ここ1か月くらいは日本からも観測しやすい位置にあります。ご覧の通り背景には沢山の星が写っています。これは今、冥王星は天の川の中にいるからで、ほとんどの星が15〜16等前後の暗い星です。
 NewHorizonに負けないよう私たちも冥王星の観測を続けたいと思っています。

150714_01.jpg

 7月14日午後9時10−20分頃撮影した冥王星。露出時間は15秒で25枚を重ね合わせ
画像処理しました。冥王星のハートマークが見られるNewHorizonが撮った画像はこちらです→https://www.nasa.gov/mission_pages/newhorizons/main/index.html

posted by 三田祥雲館 at 19:36 | 兵庫 🌁 | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール