2016年03月29日

2016ロボカップジュニアサッカー全国大会 その3(理科部&自律制御ゼミ合同チーム)

 3月27日(日) 大会2日目となりました。
8:00に受付、8:15より車検開始。9:00より4回戦の開始となりました。

20160326_010247965_iOS.jpg
パドックは、選手・スタッフ以外は出入り禁止です。また、この会場では、選手は大人・メンター(保護者等)との会話が禁止されます。指導・助言など会話をするとペナルティーを受けることになります。

JSO002 team.祥雲 S Edition


4回戦Aコート 対 戦国 (東海ブロック)

S4_戦国.jpgJSO004P.jpg
S Editionが3回戦で対戦した東海ブロックの強豪チームですが、両チーム運動量が多く、ボールがフェンスに当たり戻ってくるリバウンド処理が勝敗の行方を左右しました。後半、故障のため両チームともFW機1台での試合となり、 4−4で引き分けとなりました。

5回戦Bコート 対Yunit(関東ブロック)
S5_Yunit.jpgJSO016P.jpg
「The高専」と思えるような非常に美しく素晴らしいロボットとの対戦となりました。ただこのBコートはDコートと同様黄色ゴール左前方のエリアに私たちのロボットが侵入するとロボットが方位を誤り横を向いたり、方位修正の為の振り子動作が発生し、なかなか自分たちのプレーをさせてもらえません。今後の課題として磁場の乱れに対応できるロボットを作らないといけませんね。結果6−6で引き分けとなりました。

6回戦Dコート 対M.I.A(鳥取ブロック)
S6_M.I.A.jpgJSO025P.jpg
最終戦も磁場の乱れのあるDコートでの試合となり、前半はFW機が黄色ゴール左ポスト前で振り子運動連発。なかなか試合に参加できません。ロボットのパーツ構成は非常によく似た両チーム。後半、何とか得点を重ね8−6で勝ちました。

JSO027 team.祥雲 F Edition

4回戦Bコート 対Black Trinity(九州ブロック)
F4_Black Trinity.jpgJSO012P.jpg
Bコートでの対戦となり、私たちのロボットのコンパスでは方位が読み取れません。対戦相手は磁場の乱れに強いジャイロセンサーを搭載。私たちのロボットはまったく手が出せない試合となってしまいました。結果1−7で負けました。

5回戦Dコート 対HAKUTO(関西ブロック)
F5_HAKUTO.jpgJSO021P.jpg
昨年度の準優勝チームとの対戦となりました。ロボットのパーツ構成は非常によく似たチーム、結果としてコンパスのみでの方位修正となり両チームともコートに苦しめられました。6−2で勝ちました。

6回戦Dコート 対Robotist Izumi(石川ブロック)
F6_Robotist Izumi.jpgJSO028P.jpg
S Editionの1回戦の対戦相手と同じコートでの対戦となりました。互いに決め手を欠きながらの試合展開となりましたが何とか2−0で勝ちました。

結果発表
RES.png

team.祥雲 S Edition 第10位
S_RES.png

team.祥雲 F Edition 第17位
F_RES.png

高専・工業高校など強豪チームがひしめく中、第10位・第17位という成果を残すことが出来ました。
大会参加中、他チームのメンバーと交流ができ、私たちのロボットのハード・ソフトの問題点がよく判りました。
来年も同じ舞台に立てるように1年間頑張っていきます。

大会スタッフ・愛知工業大学の皆さま、3日間本当にありがとうございました。おかげさまで集中して競技に取り組むことが出来ました。

DSC00356.JPG
みなさんお疲れ様でした。 また来年会いましょう。
posted by 三田祥雲館 at 14:05 | 兵庫 ☀ | Comment(1) | スーパーサイエンスハイスクール

「激闘!」女子サッカー部通信(3月19日)

 関西高校女子サッカーリーグ三田祥雲館(2部)対香が丘リベルテ(3部・大阪)との入れ替え戦です。開始からリベルテの分厚い攻撃に圧倒され、防戦一方の祥雲館。しかし、カウンターからドリブルで裏へ抜けたH・Cさんの右クロスをH・Yさんがボレーシュート。まさかの先制点!その後も苦しい場面をセンターバックのS・Nさんを中心に体を張って守ります。そして、同じようなカウンターから1点追加で前半を折り返します。後半もH・Cさんが裏へ出たボールに反応、ドリブルでキーパーをかわし3点目。引き分けでも残留が決まるため、おおいに喜ぶ祥雲ベンチ。ところが…。技術に勝るリベルテが本領を発揮します。巧みなドリブル・パスから中央を再三突破され、立て続けに3点をとられてしまいます。そして終了間際、自陣ペナルティーエリアで相手のドリブルを防ぎきれず、ファールをとられPK。万事休す…と思われましたが、キッカーのシュートが枠を外れ、ノーゴール。その後もゴールを死守した祥雲館が3−3の引き分けで2部残留を決めました。実に相手シュート25本に対し、祥雲館は4本。2トップが少ないチャンスをものにし、GK・DFが体を張ってシュートブロックするなど、要所での頑張りが見られました。

16031932.jpg16031931.jpg

その後、北摂三田と30分1本の練習試合ではしぶとく競り勝ち、三田西陵との試合でもO・Sさんの素晴らしいヘディングシュートで勝ちをおさめ終了。
何とか2部残留を決め、練習試合でも勝ちきることができたので達成感のある一日になりました。

16031933.jpg16031934.jpg

posted by 三田祥雲館 at 13:34 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 女子サッカー部通信