2016年07月28日

野球部日誌 ★第98回全国高等学校野球選手権兵庫大会★

 第98回全国高等学校野球選手権兵庫大会1回戦が、7月11日(月)姫路球場で舞子高校と対戦しました。春季大会の経験をいかして、粘り強いゲーム展開ができ、3対1で勝利し2年連続の初戦突破を果たすことができました。

072011.jpg072012.jpg072013.jpg

 2回戦は、7月16日(土)明石球場で神港学園と対戦しましたが、チャンスはつくるものの得点することができず、残念ながら敗れてしまいました。
 炎天下の試合にも関わらず、たくさんのご声援をいただき、本当にありがとうございました。
posted by 三田祥雲館 at 21:37 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 野球部日誌

男子サッカー部日誌(5月7日 県総体3回戦)

2016年5月7日(土)県総体3回戦
祥雲館VS柳学園 キックオフ11時30分

この日はよく晴れていました!
image1.JPG

前半、パスを回してシュートを打っていく祥雲館です。前半20分にこちらのコーナーキックになり3年生HK先輩から2年生MTくんが決めてくれます。
そして、25分には3年生HY先輩がミドルシュートを決めてくれます。
前半2-0で終了。

image2.JPG

後半、もう一点ほしい祥雲館はどんどんシュートを打っていきます。そして、7分に2年生MTくん決めてくれます。
しかし、12分に相手に決められてしまいます。
その後もシュートを打ちますが決まらず後半1-1で終了。
結果は3-1で勝ちました!

本日のMVP
3年生HY先輩
ナイスシュートでした。
3年生KK先輩
シュートをたくさん打ってくれました。
posted by 三田祥雲館 at 21:26 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 男子サッカー部日誌

男子サッカー部日誌(5月4日 県総体)

2016年5月4日(水)県総体
祥雲館VS明石 キックオフ14時30分

この日はよく晴れていました。
3年生は最後の大会になり、いつも以上に気合が入っています。
前半、ボールを回していく祥雲館です。
前半14分に2年生MTくんがゴール前から点を決めてくれます。その後なかなかうまくいかず1-0で前半終了。

image1.JPG

後半、いきなり、1分に2年生MTくんが点を決めてくれます。もう一点ほしい祥雲館はパスをつないでいきます。そして、後半11分にまたまた2年生MTくんがこぼれ球を決めてくれます。
しかし、後半32分に相手に決められてしまいます。後半、2-1で終了。

image2.JPG
結果は3-1で勝ちました!

本日のMVP
2年生MTくん
ハットトリックでした。
3年生HH先輩
ボールを正確に回してくれました。
posted by 三田祥雲館 at 21:22 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 男子サッカー部日誌

2016 西オーストラリア州海外研修 7/28 A

文化語学研修は午前中に州議会議事堂を訪問しました。
IMG_20160728_092821-320x180.jpg
2グループに分かれて、議事堂とconstitutional centre (憲法学習センター)を交互に見学しました。
IMG_20160728_094523-320x180.jpg
これは憲法学習センターの内部です。オーストラリア連邦の歴史と立法の仕組みを学びました。また、州政府と連邦政府の役割の違いをゲーム形式で理解しました。
IMG_20160728_100406-320x180.jpg
間に少し時間があったのでキングスパークに行ってパースの中心の景色を眺めました。
IMG_20160728_103440-320x180.jpg
ちなみにこのパークはポケモンGO!の聖地らしく、平日から多くの人がスマホを持ってウロウロしてました^_^;
IMG_20160728_102928-320x180.jpg
議事堂見学は写真撮影禁止だったので、ツアー後に集合写真。
IMG_20160728_123137-320x180.jpg
下院と上院の両議事室を見学し議員の方々が座る席に実際に座りながら議会の仕組みを学びました。また、西オーストラリア州の歴史も学びました。
興味深かったのは、ガイドさんの祖先はイギリスより連れてこられた囚人だったとのこと。一昔前なら恥ずべきこととして秘密にしていたようですが、今ではむしろ「それだけ長くこの地にいる家系」ということを誇りに思っているとのこと。移民国家ならではの価値観だと感じました。
午後からはインタビューの最終準備。パソコンで原稿を作成しました。インタビューの様子は後日報告します(^_^)
posted by 三田祥雲館 at 18:35 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 海外研修

2016 西オーストラリア州海外研修 7/28 @

日本を離れてちょうど1週間がたちました。
時間が過ぎるのはあっという間です。

2度目の週末を前に、最初の週末をどのように過ごしたのか
まとめて紹介します。

cityや近くのショッピングセンターに買い物に出かけたり
一緒に映画やビデオを見た人たち。
フリーマントルやキングスパーク、パース動物園など
早速名所を訪れた人たちもいたようです。
ホストファミリーが参加するnetball、boatrace、football
などオーストラリアならではのスポーツを応援しに行った
という人たちも。
子供たちとはゲームやトランポリンで遊んだりしたそうです。

教会に行ってウェルカムな雰囲気にびっくりしたという人も
いました。

また研修生の多くは週末の間にバスや電車で学校に来る練習を
していました。

最初は迷ったり、バスが止まってくれなかったり慣れずに苦労したようです。

食事についてはどのファミリーも充実しているようです。
川沿いでBBQ、vegemiteやこれまで食べたことがなかった
lambやKebabを試してみたり、日本食もたくさんあるのでsushi、
ラーメン、まぐろ丼なども美味しかったそうです。

スティ先が同じ中国人留学生と仲良くなり一緒に出かけたり
登校している人たちもいます。
英語はもちろんですが日本語をはじめ第2、第3外国語まで堪能な人も
いるそうで、研修生たちも良い刺激を受けているようです

posted by 三田祥雲館 at 13:14 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 海外研修

2016 西オーストラリア州海外研修 7/27 A

午後は今回の科学研修に新たに加わったSymbioticAでのレクチャーです。
14696114653822.jpg
SymbioticAは2000年に西オーストラリア州立大学の
解剖学・生理学・人間生物学科に併設された
バイオアート研究センターでこの分野における拠点となっています。
細胞工学や組織培養技術を用いたアートの可能性について
バイオと芸術を融合する研究や作品の製作を行っています。

訪れた研究室はまるで家の居間に招かれたような雰囲気でした。
14696114005459.jpg

14696113809878.jpg

所長のOrron Catts氏はバイオテクノロジーを用いた芸術作品を作る
バイオアーティストの権威として知るひとぞ知る存在。
2015年には六本木ヒルズの森美術館で作品が展示されていたそうです。

生きた細胞組織から生み出された作品には
ヒト組織から培養した「小型の耳」(バカンティマウスとして知られているのようなもの)
マウスの細胞を小さな革のジャケットの形に培養したもの
人形の表面を培養細胞で覆った"Worry Doll"
筋肉細胞を培養して作った羊やカエルの人工肉
などがあり、スライドに写し出される画像にはグロテスクなものもあり、
芸術作品として理解しがたいものもありますが
倫理的な問題や嫌悪感を感じることも含めて芸術になるということでした。
また作品を通してバイオテクノロジーが商業化することや
生命を支配するための研究になっていることに
警鐘を鳴らしたいという思いがあるとのことでした。
14696114359880.jpg
研究室には日本人の研修生、伊藤隆之さんもおられ
オラン カッツ所長の難解なレクチャーを解説して下さいました。

作業を行っている実験室では研究生の一人が
マウスの細胞を木に培養しているところだと見せてくれました。
14696114548431.jpg

バイオテクノロジーを利用した芸術作品というのは研修生にとって
初めて見聞きするものだったと思います。
難しい内容でしたが今後どこかできっと出会うことになるでしょう。

第一人者のオロン・カッツ氏の研究室で直接レクチャーを受ける
ことができたというのは本当に貴重な体験でした。

14696115311824.jpg
posted by 三田祥雲館 at 00:03 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 海外研修