2016年12月05日

青年海外協力隊経験者による講演会 探究U(国際関係)

 11月25日の探究Uの時間に、青年海外協力隊経験者で現小学校教諭、さらに本校の第1期卒業生でもある仙波里枝子先生よりアフリカでの経験を中心にお話ししていただきました。

 民族衣装をまとって登場された仙波先生に生徒たちは興味津々。初めはアイスブレイクとしてアフリカのイメージを全体で共有しました。高校生ということもあり、また講座の中にはナイジェリアについて探究している生徒もいるのでかなり具体的な内容も多くありました。

16112541.jpg16112542.jpg

続いて仙波先生が派遣されていたベナンという国について学びました。仙波先生が現地で驚いたことをいろいろ紹介され、生徒たちは驚きの声を上げるとともに異文化理解について深く考えさせられたようでした。

後半は現地の少年の一日を通してベナンでの生活、文化、価値観などを学びました。そして、彼が大切に思っていることや彼の夢を通して、国際協力の意義を考えることができました。

最後は仙波先生自身が本校在学時に探究の授業で経験したこと、そして自身の経験を踏まえて今こうして後輩たちに向けて話していることをまとめていただきました。
「当たり前は当たり前じゃない。隣の人のことを知るのが国際協力」
「心の種を育てよう」
のメッセージが心に響きました。

16112543.jpg16112544.jpg

 講師の仙波里枝子先生をはじめ、JICA関西国際センター、青年海外協力協会近畿支部の方々等関係の皆様方に感謝申し上げます。ありがとうございました。

posted by 三田祥雲館 at 19:12 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 祥雲の舎窓〜探究学習

男子サッカー部日誌(11月12日)

2016年11月12日(土)練習試合

祥雲館VS長田キックオフ9:30

晴れていますが少し肌寒いなかでの試合となりました。
image1.JPG

前半、先制点をとろうとコート内を走る祥雲館です。
前半3分、相手に点を決められてしまいます。
追いつきたい祥雲館はボールをまわしていき、前半16分、2年生IT先輩がシュートを決めてくれます。
そのあとはお互い点が入ることはなく、前半1-1で終了。

image2.JPG

後半、点差を広げて勝ちたい祥雲館、シュートをたくさんしていきます。
後半18分2年生MT先輩がシュートをし ポストにあたったボールを2年生AH先輩が決めてくれました。
後半24分、2年生AH先輩が2点目を決めてくれます。
しかし、その1分後後半25分、相手に点を決められてしまいます。
後半2-1で終了。
結果3-1で勝ちました。

本日のMVP
2年生AH先輩
シュートが1番多く、ゴールも決めてくれました。
2年生HT先輩
タッチ数が多く、相手からよくボールを奪ってくれました。
posted by 三田祥雲館 at 08:10 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 男子サッカー部日誌