2017年02月05日

全国大会出場権 獲得! ロボカップジュニアサッカー(理科部&自律制御ゼミ)

 3月25日〜26日 岐阜県中津川市で開催される
「RoboCupJunior JAPAN OPEN 2017 GIFU・NAKATSUGAWA」の出場権をかけた阪神ブロック大会に
team祥雲 S Edition(2年次 田中・中島 1年次 今川・福田)
team祥雲 F Edition(2年次 畑中・中田・前田・村上)の2チームが参加しました。
 昨年度、本大会において優勝・準優勝となり2チームが全国大会に出場させていただきましたが、今年度はどうなるのか? 尼崎ノードでの勢いを持ち込みたいと意気込む2チームですが、両チームとも1名ずつが発熱の為試合に出れず、不安な開幕となります。

開会式 ブロック長挨拶
2017020401.jpg2017020402.jpg

試合前の機体を調整する「team.祥雲」
2017020403.jpg2017020404.jpg
白線サイドラインを越えてしまう(アウト・オブ・バウンズ)現象が気になります。
いつもより機体が斜めに進んでいないか? どうだろう? 試行錯誤が続きます。

阪神ブロックは神戸・尼崎の2つのノード大会から勝ち抜いてきた5チームのリーグ戦を行い、決勝トーナメントの組み合わせを決定します。ハーフ3分、退場30秒、プッシング・ダブルディフェンスを取らないルールで試合が行われました。

リーグ戦「F Edition vs もちおーず(関西学院高等部)」
2017020405.jpg2017020406.jpg
 自律制御ロボットで戦うこの競技、「F Edition」はアウト・オブ・バウンズ対策については解決出来たようですが、試合開始直前になりコンピュータからロボットにプログラムを流せなくなるトラブルが発生。GK機のみで戦うことになる。
 一方「もちおーず」もFW機の方位が定まらず、アウト・オブ・バウンズを連発。
両者GK1機同士での試合展開となる。結果、「F Edition」はこの試合の後FW機のメインボードの交換に時間を費やすことになります。

リーグ戦「S Edition vs 双龍(尼崎双星高校)」
2017020407.jpg2017020408.jpg
 前半、抜群の機動性を持つライトウエイトリーグ出身「双龍」の機敏な攻撃に翻弄され、「S Edition」FW機はその対応に追われる中、白線上で動かなくなってしまうトラブルが顕著となりました。後半、徐々に追い上げ、何とか勝ちにつなげることができました。

リーグ戦の結果
2017020409.png

予選1位team祥雲 S Edition予選5位team祥雲 S Editionとなり、14時30分より決勝トーナメントが行われました。
ハーフ5分、退場1分のルールに変更されます。

トーナメント1回戦「F Edition VS KCCT(神戸高専)」
2017020410.jpg2017020411.jpg
市販パーツを使わず自作パーツのみでロボットを作り上げている「KCCT」、さすが高専です。対する「F Edition」は慎重になり過ぎたか?FW機のスピードが通常の50%ぐらいに、GK機の善戦もあり終了直前まで5−5の同点で推移するが、最後はGK機真横のボールを処理できず得点され負けてしまいました。

トーナメント決勝戦「S Edition VS もちおーず(関西学院高等部)」 
2017020412.jpg2017020413.jpg
「もちおーず」は、FW機の方位が定まらず故障機扱いとなるが、残されたGK1機を「S Edition」は攻めあぐね「1−0」で前半を折り返す。
後半、「もちおーず」のGK機の反応が鈍くなった隙に得点を重ね、「5−1」で勝ちました。

 成績発表
2017020414.png

優勝 team.祥雲 S Edition(2年次 田中・中島 1年次 今川・福田)
     対戦成績 6戦 5勝0敗1引き分け

2017020415.jpg2017020416.jpg
2017020417.jpg2017020418.jpg

大会役員の皆さん、メンター(保護者)の皆さん本当にありがとうございました。
また、技術指導していただいた「県立兵庫工業高等学校機械工学科」の皆様ありがとうございました。
「ロボカップジュニア・ジャパンオープン2017ぎふ・中津川」までに、今日出てきた問題点を解決できるように頑張っていきます。

そして夢の世界大会RoboCup 2017 NAGOYA(今年は日本開催)へ行きたいな。
posted by 三田祥雲館 at 17:18 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール