2017年02月21日

School visit from North Albany Senior High School@

1月26日(木)から31日(火)までの6日間、西オーストラリア州立のノースアルバニー高校(NASH)とその周辺の2校から女子5名、男子6名の11名の生徒と2名の引率者が来校し、ホームスティをしながら様々な活動を通して本校生と交流を図りました。
一行は京都に数日間滞在したあとこの日は神戸に移動し、人と防災未来センターなどを見学したのち、午後3時頃三田に到着しました。

DSC02646.JPGDSC02645.jpg

DSC02643.JPG
2年次の生徒が中心となり、手作りのウェルカムボードを手にお出迎え。


DSC02648.JPG
おそろいのジャケットの後ろにはそれぞれが選んだ日本語が刺繍されています。
引率教員のDarian先生は宮崎駿の作品が大好きだとか。Tina先生が選んだ言葉はYOLO ( You Only Live Once ) の日本語版のようです。

DSC02649.JPG
今回の研修旅行を企画したTina Dawson先生は2015年度に兵庫県と西オーストラリア州の交換教員として1年間兵庫県に滞在した経験があり、その時にできた本校教員との縁で、三田祥雲館高校での受入が実現することになりました。

DSC02650.JPGDSC02654.JPG
オープニングセレモニーでは学校長とTina先生の挨拶に続いて、滞在中の日程や
校則、ホームスティでの心得などオリエンテーションが行われました。
そして校内見学を終えた後は、ホストファミリーの生徒やクラスの世話係などが集まり初顔合わせ。事前にメールでやり取りをしていた人もいたようですが、実際に会えてみんなとても嬉しそうでした。

DSC02656.JPG
下校時刻には今夜から5泊6日お世話になるホストファミリーの方々も迎えに来られ、生徒と一緒に帰っていきました。

DSC02660.JPGDSC02661.JPG
DSC02662.JPGDSC02663.JPG
DSC02664.JPGDSC02665.JPG

明日はそれぞれHRに入り、授業を体験することになっています。
posted by 三田祥雲館 at 08:39 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 国際交流・ESS