2017年07月29日

「WorldRoboCup2017」観戦しました!(理科部&自律制御ゼミ)

こんにちは「理科部&自律制御ゼミ」です。
私たちが所属している阪神ブロック主催のロボカップ2017名古屋世界大会観戦ツアーに参加しました。

20170729111516(1).jpg20170729_030022285_iOS.jpg

2017年7月27日~30日ポートメッセなごやで開催され、ロボカップの各リーグの試合のほかにロボット技術・産業フェア、各種イベントが行われていました。

20170729_023741532_iOS.jpg20170729_030128465_iOS.jpg20170729_030147234_iOS.jpg20170729_061922008_iOS.jpg

ロボカップジュニアの会場に移ります。
ライトウエイトリーグ
このリーグは、重量制限1.1kg、2台の自律制御型ロボットが赤外線パルス発光ボールを利用してサッカーゲームを行います。

20170729_040758022_iOS.jpg20170729_040834602_iOS.jpg
Munako Tsukuyomi(日本、九州ブロック)
 終始ボールを支配するのですが、相手チームのマルチプルディフェンス(2台ともペナルティエリアで防御する反則)に阻まれ、得点のチャンスを失います。
2台vs2台の試合展開ではなかなか得点が入らない難しい試合となりました。

オープンリーグ
 重量制限2.4kg、多様な攻撃パターンを持つ機体が登場します。また、今大会より正式に赤外線ボールからパッシブボール(オレンジカラーボール)に変わりボールの位置認識をする手段が大幅に変わりました。

20170729140937(3).jpg20170729140937(1).jpg20170729140937(2).jpg20170729143104(1).jpg
INPUT(日本 北信越ブロック)
 2017JAPANOPENの覇者、3月の全国大会は、赤外線ボールで競いましたが、それから3カ月弱で全周囲カメラを完成させ試合に投入。
「強い!」10-0のコールド勝ち。現段階、暫定1位をキープします。

別会場ではシニアクラスの試合が行われていました。
小型リーグ(Small Size League)
 直径18cmと私たちより小さめの機体を1チーム6台で競うのですが、フィールド上方に設置された4台のカメラによるビジョンシステムと審判のジャッジ等の情報が両対戦チームに送信され、それらの情報をもとに無線で各機体に指示が出されます。全リーグの中で最速かつ機体の連携プレイが見ものです。

20170729_030440278_iOS.jpg20170729_030834700_iOS.jpg20170729_030803054_iOS.jpg20170729_030817702_iOS.jpg

中型リーグ(Middle Size League)
 幅52cm高さ80cmとかなり大きな機体の自律型ロボットを1チーム5台で競います。ボールは人間のサッカーと同じ5号球が使用されます。私たちが行っている競技と同じくカメラ、センサー、処理用PCはロボット積み込み、ほかのロボットとの位置関係を考えながら試合を行います。

20170729_031913266_iOS.jpg20170729_031926973_iOS.jpg

スタンダードプラットフォームリーグ(Standard Platform Size League)
 SoftbankRobotics[NAO]を利用したワンメイクのリーグです。
中型リーグと同様、自律型ロボットで互いに連携を取りながら動くのですが、2足歩行ロボットのために接触するとすぐに転倒してしまいます。試合展開は緩やかですが、ヒト型ロボットですので愛らしさを感じます。

20170729_030231174_iOS.jpg20170729_032134982_iOS.jpg

 ロボカップジュニアはこの世界大会が終了すると新シーズンとなります。2018年1月にノード大会(地区予選)がスタートします。試合規定等はまだ発表されていませんが、夏の間に、ベースになるロボットを作らないと間に合いません。今日見たことを整理して最高のロボットを作りましょう。
posted by 三田祥雲館 at 22:57 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

端材のおもちゃ作りワークショップ in 篠山(生徒会)

image.jpegimage.jpeg
平成29年7月29日(土)
本日は、篠山市今田町にて行われた、端材のおもちゃ作りワークショップに生徒会4名と祥雲館高校卒業生1名、教員1名で参加してきました。
暑い中、子供たちは一所懸命作品を考え、思い思いの作品を作っていました。完成した時の笑顔に癒されてきました。
posted by 三田祥雲館 at 18:20 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 生徒会より

2017西オーストラリア州海外研修 5日目(1)

初めての週末を迎えました。

生徒はそれぞれのホストファミリーと観光地を訪ねたり、ショッピングを楽しんだりしていることでしょう。


3人の引率教員は西オーストラリア州兵庫文化交流センターを訪問して大西所長(右端)にご挨拶させていただきました。兵庫県の海外事務所の一つとして、今回のプログラムに限らず、本校の西オーストラリア州との交流に大変お世話になっています。
IMG_0867.JPG
posted by 三田祥雲館 at 16:43 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 海外研修

2017 西オーストラリア州 海外研修 4日目(4)

DSC_1152.JPG
午前の授業が終わり、ランチの後は
公共のバスを使ってCrawley Campusに移動し
Information Hunt というアクティビティを行いました。
DSC_1154.JPG
大学内の6つのポイントを巡り、与えられた質問の答えを探してくるというものです。
DSC_1156.JPG
visitors centerでのmissonは
・Ask the person at the desk what things are for sale in this shop 
答えは何だったのでしょうか⁉️

IMG_0868.JPG
通りすがりの学生に尋ねるのも課題解決のためには重要な手段です。

DSC_1167.JPG
緑に囲まれた広大なキャンパス
ミッションを終えて次々戻ってきました。
DSC_1170.JPG
今回3人の先生にお世話になります。まずはお二人。
DSC_1157.JPG
Winnefred先生(左)とAnnabelle先生(右)

大学で「日本人の方ですか」と一人の男性に声をかけられました。
話を聞くと、日本語を話すクラブのような集まりがあるんですよということでした。
彼自身はシンガポール出身で、英語はもちろん、大学で2年間学んだという日本語も流暢です❗
UWAでは作曲を専攻しているとのことでした。
DSC_1165.JPG

留学中の日本人大学生の姿もよく見かけます。
今回の研修が将来海外に目を向けるきっかけになれば良いなと思います。
posted by 三田祥雲館 at 10:47 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 海外研修