2017年11月12日

速報「2018信州全国総合文化祭」出場権獲得! 自然科学部門

11月11・12日「第41回兵庫県高等学校総合文化祭自然科学部門発表会」が行われました。本校からは、「天文部」「理科部」が研究発表を行いました。

20171112_041040981_iOS.jpg20171111_010139275_iOS.jpg

11日は「口頭発表」が行われ、全国大会への出場権が競われます。
「太陽フレアから地球を守れ!」天文部
20171111_025504935_iOS.jpg20171111_025553329_iOS.jpg
20171111_025810664_iOS.jpg20171111_030338472_iOS.jpg
太陽フレアの出現状況について、過去41年間の膨大なデータを解析、黒点の磁場タイプ、面積、寿命等より、大規模フレアに関する発生を予測。地球に影響をもたらすであろう太陽フレア発生に関する「祥雲館発の宇宙天気予報に挑戦したい!」と研究発表を行いました。

12日は、「パネル発表」が行われました。
「活動報告&カラートラッキングシステム等」理科部
20171112_012235295_iOS.jpg20171112_012627755_iOS.jpg
20171112_012803921_iOS.jpg20171112_012733649_iOS.jpg
「1年間の活動報告」「コオロギの闘争行動の研究:生物班」「カラーボール追跡システムの研究:物理班」等、2017年に進めてきた研究内容を発表しました。

「太陽フレアから地球を守れ!」天文部
20171112_010653528_iOS.jpg20171112_010757077_iOS.jpg
20171112_010857687_iOS.jpg20171112_010943849_iOS.jpg
口頭発表では伝えきれなかったデータや動画等を各種資料を提示し、ポスターセッションを行い、多くの方とディスカッションを行うことが出来ました。

結果発表
口頭発表 地学部門 最優秀賞 「三田祥雲館高校 天文部」
20171112_065926460_iOS.jpg20171112_065944149_iOS.jpg

「2018信州総文祭 自然科学部門」は、8月7日より諏訪東京理科大学(茅野市)で行われます。
データ解析と共に、自分たちが観測しているHα線による太陽フレアの観測データを利用し「祥雲館発の宇宙天気予報」を成功させましょう。
posted by 三田祥雲館 at 20:11 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール