2020年12月25日

PBG.73 「大学入学共通テスト」事前説明会   by 校長

IMG_4318.jpgIMG_4322.jpgIMG_4324.jpgIMG_4327.jpg

 本校の朝は零下の気温が続き底冷えしています。12月も残すところわずか。3年次生徒にとって大学入学共通テストの実施まで残り1か月を切りました。12月23日、3年次生徒を対象に、ロングホームルームの時間を使って、進路ガイダンス部から大学入学共通テストの受験の心得について話をしました。共通テストの前日までに用意するもの、当日の行動、特に気を付けておかなければならないことをきめ細かく話しました。

 テスト当日、必要以上に緊張することのないよう、自らのモチベーションが普段通り保てるよう、これからの生活の在り方は大切です。明日が終われば、冬休みになりますが、学校の時と同様、共通テストの当日を意識してリズムを崩さずに生活することが肝心です。昨日は、本県のコロナ感染者数が過去最高となり、まだまだ油断はできないですが、基本的な生活スタイルを継続していくことが大切です。

 この冬、感染症対策に万全を期して、健康第一にこの時期を乗り越えてくれることを切に願うばかりです。

posted by 三田祥雲館 at 01:26 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 校長ブログ

PBG.72 丹有地区保健部長会 開催   by 校長

IMG_4248.jpgIMG_4252.jpgIMG_4258.jpgIMG_4250.jpg

 12月3日()、本校で丹有地区保健部長会を開催しました。丹波市、丹波篠山市、三田市の県立学校の保健部長の方を対象に、毎年開催しているものです。今年度は「不登校傾向にある生徒への対応」というテーマで、兵庫県立神出学園の主任専門指導員の方を講師にお招きし研修をしました。神出学園は1994年10月に本県が設置した公立の宿泊型フリースクールです。中学校を卒業した県内在住の23歳未満の方で、不登校等によって進路発見が困難な状況にありながらも、自分の生き方や進路を見つけたいという意欲を持ち、体験活動や寮での共同生活ができる人を対象にしている施設で、多彩な体験プログラムや自然や人とのふれあいを通して元気回復を目指しています。

 研修では、高校での不登校生徒数が年間約5万人(令和元年度文部科学省調査)と言われる昨今、不登校傾向の生徒への声かけのポイントを、ロールプレイを通して体感したり、神出学園での取り組みについて紹介していただきました。また、「傾聴」することを基本に「受容」、「共感的態度」を大切にすることとともに、相談する生徒との信頼関係を築くことの大切さを改めてご教示くださいました。

 保健部長の先生方は、新型コロナ感染症対策の要として各校で対応されており、その労に改めて敬意を表します。今後も学校間での連携を深め、喫緊の課題解決に向けて取り組んでいきたいと思います。

posted by 三田祥雲館 at 01:02 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 校長ブログ