2021年01月13日

丹有選手権(女子サッカー部)

12月19日(土)
三田西陵高校グラウンドで北摂三田高校と丹有選手権がありました
前半22分に、Tさんがシュートを決め祥雲館が先制します。そして前半終了間近の35分にKさんがシュート。2-0で終えることができました。
後半に入り10分がすぎた頃、コーナーキックからのチャンスボールをSさんが見事にヘディングシュート。その後も祥雲ペースで試合を進め、52分にKさんがロングキックでシュート。終了間近の68分にTさんがゴール前までボールを運び、パスを受けたAさんのシュートが決まり、5-0で試合が終了しました。
丹有選手権の初戦は全員が出場し、無失点で勝利することができ、幸先の良いスタートとなりました今日の反省点を次の試合に繋げて、勝利を勝ち取ります

12月20日(日)
有馬高校グラウンドで有馬高校と丹有選手権がありました
前半開始直後の6分、KさんがMさんからのパスを受け、左足のミドルシュートが決まりました。続いて7分、12分にTさんが得点。15分に相手キーパー前にきたボールをAさんが詰め、得点に繋げます。20分にMさんからのパスをCさんが合わせてシュート。その後24分にTさんが得意の走りで相手を引き離してシュート、前半終了間近の31分にCさんからの浮き玉で同じくTさんがシュートを決め、前半は7-0で終了しました。ポジションのバランスや意図的なパスを意識し、祥雲が余裕を持って有利に試合を進めることができました。
後半は、なかなかシュートチャンスでゴールを決めきれない場面も多かったものの、Kさんが55分、続けて57分にシュート。結果は9-0の無失点で快勝しました。先日の北摂三田戦よりもより良い内容でプレーが出来た試合となりました。最終戦の三田西陵との試合に向けて残り少ない時間を有効に使い、内容にこだわって年内の試合を締めくくりたいと思います

20201219写真1.jpg20201219写真2.jpg
posted by 三田祥雲館 at 09:00 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 女子サッカー部通信