2009年12月31日

2009年ありがとうございました

よいお年をお迎えください


 いよいよ今年も終わりが近づきましたが、この1年を振り返えると本当にいろいろなことがありました。
 今年の漢字は『新』だそうです。新政権、新型インフルエンザ、新制度(裁判員制度等)などの言葉が思い出されますが、本校においても新型インフルエンザ対策では苦労し続けた1年でした。西オーストラリア語学研修の中止、集会や考査等の行事変更、学級閉鎖や学校閉鎖など、生徒の皆さんにも多大な迷惑をかけました。(新年の始業開始日は2日繰上げになりました。)しかし、補習授業の実施や海外研修に代わる「国際交流ツアー in Kyoto」企画など、危機を感じる度に知恵を出し合って対策を考え、新たな取組にも挑戦してきたことは、決してマイナス面だけではなかったと確信しています。そして、大過なく年越しを迎えることができるのは、生徒や保護者の皆さんの理解と協力が大きかったと改めて感じているところです。
 また、今年4月に文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業の指定を受け、理数教育の充実に向けた取組が始まったことは大きな出来事でした。さらに、部活動の活躍、このブログ(HP)へのアクセス数など、今年は新記録が多い年でもあります。これは新年になってからも、まだまだ続くでしょう。
 このように考えると、本校にとっての『新』はこれからが本格的になる予感がします。希望に満ちた「新たなこと」を期待しつつ、新年を迎えたいと思います。
教頭 橋 敬介
posted by 三田祥雲館 at 08:00 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。