2010年03月06日

星に願いを

後期期末試験も終了し、ほっと一息つく金曜日の昼下がり。
それは祥雲館の柔道場に出現しました!
100305_ms3.jpg
巨大な亀???などと眺めている間にも、それはどんどん膨らんでいきます目

実はこの日は第3回祥雲文化セミナーが開催され、
「昼下がりに降る満天の星ぴかぴか(新しい)」と題し、プラネタリウム投影が行われたのでした!
100305_ms1.jpg
ということで、先ほどの青い亀はプラネタリウム投影用の簡易ドームなんです。

今回使用された投影機は、世界的に有名な大平貴之さんが手作りされたプラネタリウムで、それを所有する明石天文科学館が初めて高校に出張投影に来てくださいましたるんるん
100305_ms2.jpg
(大平貴之さんについては、2年次生のみなさんはご存知ですよねわーい(嬉しい顔) 4月に英語で勉強した、あの方ですよ!)
100305_ms7.jpg
100305_ms8.jpg

地球の割れ目からどんどんと内部に吸い込まれると、
100305_ms4.jpg
噂の投影機が!(メガスターの一世代前の機種だそうです)
100305_ms5.jpg

生徒会執行部主催のセミナーということで、生徒会会長の挨拶で幕を開け、明石天文科学館の井上毅さんの解説と、天文同好会部員3名による星座案内で、満天の星空を旅していきます。
100305_ms6.jpg

「これを見ないと人生の2/3は損してる!」と大感激の感想も飛び出すくらい、星に願いをかけるのも忘れ、満天の星空に魅せられた20分でしたねぴかぴか(新しい)
posted by 三田祥雲館 at 08:00 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。