2011年08月24日

アメリカ研修便り9 ボストン研修

110823@マイアミ.JPG
今日はオーランドからマイアミを経由してボストンへ向かいます。
オーランドでの搭乗手続きに時間がかかるため、今朝はホテルを現地時間の4:45に出発しました。
写真は経由地マイアミにてボストン行きAA2074便飛行機への搭乗を待っているところです(現地時間の10:40頃)。
オーランドでは夢心地でしたが、マイアミではお土産を買う時間もあり、テンションが徐々に上がってきましたグッド(上向き矢印)

110823A.JPG
現地時間の14:10にボストンに到着しました。
今日の研修場所である「iRobot社」に向かうためバスバスに乗りこんでいます。

110823B.JPG
110823C.JPG
現地時間15:30「iRobot社」に到着しましたexclamation

110823D.JPG
iRobot社のユニークなロボットについての説明を受けています耳
次にいくつかのiRobot社製のロボットについて紹介をしましょう。

110823E.JPG
おなじみ、「iRobot社」の代名詞、お掃除ロボット「Roomba」です目

110823F.JPG
Roombaの実演をしていただきました。
その後の質疑応答では、意欲的な姿勢でたくさんの人が質問をすることができましたexclamation&question
1つ1つの質問に大変わかりやすく答えていただき、勉強になりましたわーい(嬉しい顔)

110823G.JPG
「Genghis」。
昆虫をヒントにして、宇宙開発のためにつくられたロボットです目

110823H.JPG
「it」。
初めて「好き」とか「恐い」といった感情を表現することに成功したロボットですひらめき

110823I.JPG
「Raptor」。
恐竜型のロボットで飼いならすことができます。
飼い主のふるまいによってその行動が変わっていくのだそうですハートたち(複数ハート)

110823J.JPG
110823K.JPG
「PackBot」。
東北大震災で活躍したロボットexclamation×2
危険な状況での様々な作業を人のかわりに行ってくれるロボットです黒ハート

110823L.JPG
PackBotの実演。
この後の質疑応答でも多くの質問がなされ、興味関心がさらに深まったようですカラオケ

110823M.JPG
110823N.JPG
110823O.JPG
110823P.JPG
「PackBotが倒れたらどうなりますか?」という質問に言葉でなく実演で答えていただきましたるんるん
アームをうまく利用して・・・・ お見事っexclamation

110823Q.JPG
名残はつきませんでしたが、最後に「iRobot社」をバックに記念撮影手(チョキ)
これで今日の研修は終わりです。
明日は最後の研修施設マサチューセッツ工科大学への訪問ですビル
今日以上にたくさん質問をして、意欲的に臨みたいと思いまするんるん
posted by 三田祥雲館 at 18:21 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。