2006年09月14日

第3日目

3日目。今日も晴天晴れラフティングにアクティビティー、目一杯楽しむぞ〜手(チョキ)




2006.9.14 003.jpg

絶叫マシンのはしごがく〜(落胆した顔)いくつ乗れたかな?

2006.9.14 004.jpg2006.9.14 005.jpg

ガラス工芸・皮細工・アイスクリーム作り等々、上手く作れたかなexclamation

《ラフティングの様子》
 尻別川でのラフティング。緩やかな流れのあれば、急な流れもありチーム一丸で力を合わせ8kmの旅〜そこは高校生!元気一杯に水の掛け合いや落し合い〜

《レクレーション》
 修学旅行実行委員を中心に盛り上がったレク。「singer song ニャンニャン」、担任も加わった「ジェスチャー連想ゲーム」、最後に大逆転可能の「10位を当てたらダメだっちゃ。」。マイナス点有り〜の、見事的中有り〜ので大盛況でしたるんるん



 今日、私たちは最初にラフティングをしました。慣れない服に身を包み、バスに乗り込み、尻別川へと向かいました。川はとてもきれいで、冷たかったです。バスの中で「最近晴れていたので、水が減っている。だから、岩が出ていたりして危ない」ということを聞いたので、少し緊張しながら、ボートへと皆乗り込みました。こぐのは簡単なのですが、時折、岩がむき出しになっている部分があり、それにつっかえて動けなることも多々あります。そういうことにあまり恐怖を感じることはなかったです。それよりもっと恐ろしいのは、他のボートに水をかけられることでした。一部の子は水をかけられすぎて、とても寒そうにしていました。ある先生は、まるで少年の頃に戻ったかのように、生徒と水をかけあっていました。先生にもそんな一面があるんだなぁ、と思いとても面白く感じたのは言うまでもありません。に落ちている人が思っていたよりいて、とてもびっくりしました。でも、その大半がわざと落ちている人でした。しかし、その顔は楽しそうでした。
 昼食後は、アクティビティーでした。私は遊園地へと行ったのですが、まず規模の大きさに驚きました。そして周りに広がる山々はとても美しいと思いました。遊園地では絶叫マシン系を中心にまわりました。意外と怖くて面白かったです。
 時間というのは、過ぎるのがとても早いもので、あっという間に訪れました。

 
 明日は修学旅行最終日です。小樽の自由行動や、羊が丘展望台が明日の私たちを待っています。思いっきり楽しみ、思い出という素晴らしいおみやげを三田祥雲館にたくさん持って帰りましょう揺れるハート
posted by 三田祥雲館 at 23:03 | 兵庫 ☁ | Comment(2) | 修学旅行
この記事へのコメント
四日間のイベントは、卒業してからも忘れられない最高の思い出になりました!!
四苦八苦してこの修学旅行のスケジュールをつくってくださった先生方、本当にありがとうございますッ
***追伸:私はジェットコースターを全制覇しましたよッ(^v^)
Posted by 四回生。 at 2006年09月17日 14:33
いい思い出になって何よりです。

追伸:私も絶叫系は制覇しましたよッ(^^)
Posted by 管理者 at 2006年09月19日 15:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]