2012年02月24日

ゼミT「気象物理学入門」講座〜トリチェリーの実験〜

大気圧の測定実験としてよく知られる「トリチェリーの実験」をおこないましたexclamation
実施場所は祥雲館人文棟の螺旋階段ですひらめき
1階に置いたバケツの中に12mほどの長さのチューブを入れて、それを螺旋階段の3階まで一直線に引き上げますグッド(上向き矢印)
IMGP0011.JPG
IMGP0015.JPG

チューブの上端に真空ポンプを接続し、チューブ内を真空にしていくと、およそ10mの高さまで水が吸い上げられますexclamation&question
これは大気圧がこの高さの水の圧力と釣り合うためです目
ここでチューブ上端部を液体窒素で冷やすことで、完全な真空状態を維持する工夫をおこない、
精度の良い結果を導くことができましたるんるん
IMGP1109.JPG
IMGP0020.JPG
IMGP1123.JPG

「気象物理学入門」講座では、これまで大気圧・水圧に関する実験を幾つか実施しました手(グー)
3年次のゼミUでは、これらの実験結果をしっかり論文にまとめていきますわーい(嬉しい顔)
posted by 三田祥雲館 at 18:18 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。