2012年08月23日

SSHアメリカ研修 3日目

 今日も天気に恵まれ予定通りの日程をこなしました。ワシントンのホテルをチェックアウトした後、午前中は国立航空博物館(別館)へとバスで向かいました。昨日訪れた所には入りきらない展示がありました。その展示とは…、飛行機そのものです!新旧の戦闘機や旅客機、そしてスペースシャトル。B-29や神風特攻部隊用の戦闘機などなかなか見ることの出来ない展示についても、ガイドさんが丁寧に解説を加えていただき、参加者は理解を深めた様子。

PDR_0329.JPG

PDR_0333.JPG

PDR_0336.JPG

PDR_0338.JPG

午後からは、ワシントンDCに別れを告げ、アトランタ→オーランドという長距離移動でした。飛行機に乗り込む様子は、随分板に付いてきたようで、数日での成長ぶりに誇らしい思いになりました!アトランタからの出発便が遅れたので、ホテルへの到着が1時間ほど遅れ9時半ごろになりましたが、みんな元気です。ちなみに、オーランドはディズニーランドがある街でワシントンDCとは全く違った雰囲気の南国のリゾートと言った感じです。気候は少し蒸し暑そうです、残り数日体調管理をしっかりして、頑張りまーす!

PDR_0357.JPG

<生徒からの報告>
○今日は国立航空宇宙博物館(別館)に行きました。ブラックバード、日本の戦闘機“紫電改”など歴史的に有名な飛行機が数多くありました。特にスペースシャトルディスカバリー号がとても迫力がありました。オーランド行きの飛行機から見たフロリダの夜景はとてもきれいでした。

PDR_0339.JPG

○昨日行った本館とは全く違ったところでした。本館の方はレプリカや模型の説明つきで別館は全て実物飛行機のことについてで、素人の僕でもその迫力は伝わってきました。特に入場して最初に迎えてくれる「ブラックバード」は他とは迫力が違いました。また奥に入ればスペースシャトルが堂々と居座っていました。こんなこともありテンションが上がりっぱなしでもっと見たかったと思った見学でした。

PDR_0331.JPG

*ブラックバード:アメリカの偵察機。マッハ3.2以上のスピードで飛ぶことができる高性能を誇ったが、燃料費が1時間当たり1000万円かかることから軍事衛星にその役目を譲った。
posted by 三田祥雲館 at 13:27 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。