2012年09月28日

歴史研究入門 研究発表会

 本校の学校設定教科「探究A・B」の中の科目「歴史研究入門」(2、3年生合同)の授業で、9/26(水)に本校大講義棟で研究発表会を行いました。
 本年度は昨年度と同様に、三田市史編さん担当の方と地域のボランティアの方、神戸大学と連携して4月から「三田と水と生活」というテーマで研究を進めてきました。講義の中で、ボランティアの方に昔の水に関する道具を実際に見せていただいたり、水害についての実体験をお話していただいたりしました。
 また、5月には上内神にフィールドワークに出掛け、地域の水がどこから流れてきて、どのように利用されているか、どのような工夫がされているかを実際に現地で調査しました。
 6月には神戸大学の方に講義に来ていただき、高校生が大学教授の授業を受ける貴重な経験となりました。

 これらの活動の成果をパワーポイントでまとめ、6班にわかれて研究発表会でプレゼンテーションをしました。

0926_01.JPG0926_02.JPG0926_03.JPG0926_04.JPG0926_05.JPG

 発表は「水害」、「昔と今の水の利用」、「ダムと浄水場」という3つのテーマで行われ、各班とも研究の成果を一生懸命発表してくれました。
 発表の後には、神戸大学の方からアドバイスをいただき、とても有意義な研究発表会となりました。
 
今回の発表で、生徒たちは「水の大切さ」や「節水」についてとても関心が高まったと言っています。そういったことも含めて、この半期間の活動をぜひ、今後の生活に生かしていってほしいと思います。
posted by 三田祥雲館 at 07:57 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 祥雲の舎窓〜探究学習
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。