2012年11月09日

2年次ゼミT「そうだ!京都へ行こう!!」講座 〜 井筒八ツ橋本舗 新光悦村店 〜

11月2日(金)、京都の文化に体験を通して触れることを目的に井筒八ツ橋本舗さんへお邪魔しました。篠山を経由してバスにゆられること1時間ちょっと、工場兼店舗のある京都府南丹市に到着しました。

1102_001.JPG

まずは八ツ橋が作られる過程を見学。
みなさんは、八ツ橋は硬い煎餅のようなものを指すってご存知でしたか?三角形で餡子が入ったものは生八ツ橋と言うんです!!兵庫県民である私たちは驚き〜わーい(嬉しい顔)

1102_002.JPG

その後、工場長の津田さんから八ツ橋の歴史や京都のお菓子文化についてお話いただきました。その際、井筒八ツ橋本舗名物である「夕霧」をごちそうになりました。

1102_003.JPG1102_004.JPG

そしていよいよ八ツ橋の製造体験。ニッキの匂いに包まれながら、手焼き体験を行いました。薄い餅を焼いていくので、熱くてもすぐに手でひっくり返したり型をつけたりしなければなりません。これがまた難しいふらふら

1102_005.JPG1102_006.JPG

自分たちで焼いたものを自分たちでラベルを作った缶に入れて持ち帰ることができます。

 今後は京都を題材(舞台)にした文学作品をそれぞれが選び研究を深めていきます。実際に京都市内へ足を運びフィールドワークも行う予定でするんるん
posted by 三田祥雲館 at 14:42 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 祥雲の舎窓〜探究学習
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。