2012年12月13日

平成24年度 人権を考える市民のつどい

Dscn0584.jpg三田市主催の人権を考える「市民のつどい」が12月8日(土)に郷の音ホールで開催され、人権作文発表を本校の谷掛さんが行いました。作文は「心の傷と本当の復興」という題で東日本大震災の後、ボランティアとして大島・気仙沼を訪れた体験をもとにしたものです。部活動と考査前の忙しい時期でしたが、担当教員の指導のもとしっかり準備をして臨んでくれました。またこの日、発表を行った生徒には三田市長より感謝状が贈られました。

posted by 三田祥雲館 at 12:27 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。