2012年12月21日

12月 全校集会

3学期制ならば2学期終業式となるのですが、本校は前後期の2学期制なので
今日は12月全校集会となります。

Dsc_0314.jpg
大型ヒーターの登場

@ 校歌斉唱
A 学校長講話 (詳細は後ほど)
Dsc_0311.jpg

B 表彰伝達
Dsc_0316.jpg

テニス部    三田市総体 個人3位
ソフトテニス部 北播地区大会 団体優勝・ダブルス準優勝
2年次探究基礎 環境と人間講座 関学リサーチフェア 審査員特別賞
演劇部     丹有地区演劇コンクール 優秀賞 
放送部     県大会予選  朗読入選 アナウンス佳作
2年次夘野さん 読書感想文 兵庫県図書館協議会賞
天文部     県総文自然科学部コンクール 地学部門最優秀賞・ポスター発表優秀賞

C 生徒指導部長講話
Dsc_0320.jpg

校長講話(詳細)
 平成24年もあと10日となりましたが、諸君にとって、今年はどんな年でしたか。2012年の世相を漢字1字で表す「今年の漢字」に、「金」が選ばれました。金環日食、ロンドンオリンピックでの史上最多のメダル獲得、iPS細胞を発見した京都大学の中山伸弥教授のノーベル賞授賞など「金」にまつわる出来事が多数あったことが理由のようです。今年の本校の誇れる出来事「金」としては、天文部の活躍で小惑星が「Sandashounkan」と命名されたこと、陸上部とチアリーディング部が全国大会に出場したこと、高校生科学技術チャレンジJSEC2012で花王賞を受賞など多くのことが思い浮かびます。何よりも誇れることは、生徒諸君一人ひとりが勉学、学校行事、部活動に活き活きと励んでおり、充実した学校生活を送っていることです。ところで、この1年のあなたの誇れること、金メダルにふさわしいことは何ですか。1年を振り返り、自分自身を「よくやったと」賞賛し、次への活力源としてください。そう言われても褒めるようなことは無かった、などと思わないこと。これはよくやったとか頑張ったというものは誰にもあるので、1年を振り返って、考えてみてください。
 さて、明日から冬休みですが、3年生は、1月19・20日に行われるセンター試験に向けて、お正月気分に浸ることなく、寸暇を惜しんで学習に励んでください。30日ほどで何ができるのかと考えるのではなく、30日もあるから苦手教科を集中して学習しよう、というように考えてほしい。この時期は普段よりもいっそう集中力が増しているものです。1・2年次は、この1年を振り返り、家族の一員としての役割、規則正しい生活、家庭学習、部活動など、自分のするべきことをしっかりできたかどうか、自己評価してください。そして、来年の目標を立てなさい。特に2年次は、年明けからは受験生なのだと自覚してほしい。これから1年間、受験に向けて、どのように自分の学力を高めていくかを考え、その計画を冬休み中に立ててほしいものです。
 ノーベル医学生理学賞を受賞した山中伸弥京都大学教授は、アメリカのグラッドストーン研究所に留学していた頃、恩師から「VW」という言葉を教わったそうです。Vはビジョン、Wは懸命な仕事(ワークハード)を意味し、この2つが成功の秘訣と恩師は考え、山中教授に話したとのこと。山中教授はVWの原則を心にとどめ、人生に生かし、ノーベル賞の受賞に結びつけました。日本人はワークハードにかけては世界に誇れますが、ビジョンをはっきりさせることなしに、とにかく一所懸命実験しているだけ、一所懸命勉強しているだけという状態に陥りがちだと感じていますと、山中教授は語っています。諸君も、将来の展望や目標を明確にして、計画を立て、ワークハード、一所懸命に、学習や学校生活に取組んでください。

posted by 三田祥雲館 at 12:31 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。