2013年02月18日

ニアミス小惑星(2012DA14)

2月16日(土)の明け方〈2012DA14〉という小惑星が、気象衛星よりも地球の近くを通過した事をご存知でしたか?

天文部はこの小惑星を撮影することに成功しました。
ビデオ撮影・望遠鏡/一眼レフカメラでの写真撮影と、多くの収穫を得ることが出来ました!
雪がちらつき強風の中の厳しい観測でしたが、無事小惑星をカメラにおさめ感動と興奮の中、終了しました!

今後も天文部の活動に
ご期待下さい(笑)

2012DA14.jpg
写真の解説
この写真は午前5時55分頃、冷却CCDで撮りました。
上方向が北です。20秒間間欠的にシャッターを開き撮っています。3秒間の露出と2秒間のインターバルで点線上になっています。明るさは同じ写野に写りこんだ6.9等星とくらべると6等台後半かと思われます南から北(下から上への方向)へ移動しています。画面中央下の滲んだ光は銀河M65で、その隣には不鮮明ですが銀河M66も写っています。
posted by 三田祥雲館 at 12:14 | 兵庫 ☁ | Comment(1) | スーパーサイエンスハイスクール
この記事へのコメント
この小惑星の観測は簡単ではないと聞いていたので、観測できてすごいと思いました。

さすが祥雲天文部です(笑)
Posted by A−nation'13 at 2013年02月19日 07:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。