2013年03月17日

気仙沼大島ボランティア8

交流会後、再び復興マルシェに戻り、清水さんの会社を訪れたあと徒歩でフェリー乗り場へ向かいました。
 
 
 
会社の屋上に登らせていただき、この建物が奇跡的にこの場に残ったこと、この高さまで土地の高さをあげなければならないこと等、貴重なお話しをたくさん聞きました。
 
「2年経った今、クローズアップされた笑顔だけではなく、この辛さも伝えてほしい」という言葉が印象に残っています!
 
 
posted by 三田祥雲館 at 21:35 | 兵庫 | Comment(0) | 生徒会より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。