2013年07月30日

No.9 Interesting Things Are Everywhere 2 SSH科学研修

【SSH科学研修】
こちらは資源・エネルギーの研究中。Alcoaという世界中で操業している鉱山開発会社が経営するボーキサイト鉱山、アルミナ精製工場を見学に行きます。パースからほぼ真南に1時間半。見渡す限り牛、馬、羊・・・、牧場や原野が広がる地域にやってきました。目指すはPinjara(アボリジニの言葉で「低湿地」とか)にある鉱山(Mine)と精製所(Refinery)です。
P1020047.JPG

どこまで行けばいいのだろう・・・。と、突然、長〜〜〜いベルトコンベアが登場。聞けばボーキサイト採掘場から精製所をつなぐ25キロを超えるのだとか。三田から神戸までがちょうどそれくらいでしょうか。3本のコンベアをつないでボーキサイトを運搬します。
P1020050.JPG
P1020051.JPG

いよいよ採掘場へ。世界一大きなパワーショベル(excavator)は1回に25トンをすくい、200トン積載可能のトラックに。もう、話の桁が違いすぎてよくわからなくなりました。ずいぶん荒っぽく、雑にやってるんだろうと思ったら・・・
P1020059.JPG
P1020060.JPG
P1020061.JPG
P1020063.JPG

パワーショベルの先にはGPSが付いていて、どの深さにどんな成分組成のボーキサイトがどれくらい埋まっていて、どの深さまで掘ればいいか、数十センチ単位でコックピットの画面に表示されているのです。

機械の整備も欠かせません。適切にメンテナンスされなければコストがかさみますし、何より危険です。巨大なダンプのタイヤ1本400万円。そのほかにも、世界一大きなブルドーザー(しかも無人遠隔操作)なども使うため、採掘サイトの決定ひとつにも、燃料の量、精製所との距離などが緻密に計算されて決定されます。

そして、Alcoaがもっとも気を使うのが環境への配慮。以前のブログで、オーストラリアの検疫が世界でもっとも厳しいとお伝えしましたが、それは国内とて同じこと。特にWAは厳しく、水道供給局、環境保存局などの多くの部局が査察に入ります。Alcoaが開発する土地は政府の土地で、1年ごとに厳しい審査の結果使用許可が出されます。許可がなければ開発できない。少なくともあと50年は資源が埋蔵しているこの地で、持続可能性に配慮しながら採掘に取り組んでいます。

P1020071.JPG
採掘後は、植生を完全に元も状態に復元します。もともとあった植物種を100%元に戻すことが義務付けられています。この写真は20年前から復元されている土地です。原生林と見分けが付きません。

P1020068.JPG
原生林で立ち枯れ(Dieback)について話を聞く研修生たち。

さて、いよいよ、精製工場に行きましょう。次の写真は・・・とここで撮影禁止。Industrial Secret(産業機密/企業秘密)。残念ながらお見せできません。続きはAlcoaのサイトでどうぞ。

精製所内では、採掘されたボーキサイトが運び込まれるところ、不純物が取り除かれるプラント、アルミナ(アルミニュームの一歩手前の白い粉)に精製されるところなどを詳しく見学し、説明を受けました。WAでは電力供給量の関係でアルミナまでしか精製できないとか。「電気の缶詰」といわれるアルミニウム、いまは電力の安いインドネシアなどで精製されるケースも多い。ボーキサイトを掘ってから清涼飲料水の缶になって皆さんの手元に届くまで6〜8週間。長いのか、早いのか・・・。

そして、地質学、地盤工学、電子工学、機械工学、情報工学(GPS)、工業化学、農学、生物学、輸送工学、経営学、経済学などなどなどなど、鉱山資源開発がひろく自然科学とのつながりが強いことはもとより、その他の分野とも密接に関連していることが良くわかりました。どんな分野からでもアプローチできる・・・。わが国の将来を担う研修生にとって、進路を考える観点観点からも学ぶことの多い研修となりました。

また、開発には、自然に対する責任、社会に対する責任など、倫理やモラルが伴うことも痛感しました。資源小国日本をささえる科学者・技術者のタマゴにとって、資源採掘の現場を観察できたことの意味は大きかったようです。

帰り道、Golden Wattle(ゴールデン・ワトル)の黄色い花が咲いていました。これを見ると春を感じるのがオーストラリア。アカシア属のこの花は国花に制定され、黄色はナショナルカラーに。サッカー同国代表のユニフォームの色のモチーフにもなっています。(写真がぶれてすいません。結構なスピードのバス車内からとったものでして)。やはりここでも、「はーるよ来い」。
P1020072.JPG

ガイダンス部長のつぶやき in Perth
先日、Peter先生の授業が少しのびた。次にその教室を使う予定の人が抗議に来た、私に。「私はここの教師ではないから、私に言うな」といっても、なかなか引き下がらない。「もー、自分で言ってくれよ」と言って、Peter先生に直接交渉してもらった。
今日、「これから建築学の授業がここであるのですが・・・」とたずねられた。「んー、こまったね、でも、No one comes here but you. You might be wrong.(でもあなた以外、来ないよ。お間違えかも・・・)」と言って、事務所に確認に行ってもらった。
こういうことがちょくちょくおきる。私は悪くない。私に言わないでくれ。
ついでにパース市民よ、私に道を聞き過ぎだ。

N.Miyashita@Perth
posted by 三田祥雲館 at 22:17 | 兵庫 ☀ | Comment(2) | 海外研修
この記事へのコメント
先生、誕生日おめでとうございます!
Posted by 在校生 匿名希望 at 2013年07月31日 15:52
これはこれは、うれしいコメントをいただき、ありがとうございます。

このところ毎年パースで年をとっており、家族とも離れての誕生日なので、こんなコメントをいただくと恐縮してしまいます。

研修生からもプレゼントをもらったり、CELTの先生方にお祝いしていただいたり、良い誕生日を過ごしています。

本当にありがとう。帰ったら「書き込んだの私です(僕です)」って教えてください。

Posted by N.Miyashita@Perth at 2013年07月31日 17:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。