2013年07月31日

「人博連携講座」楽しく頑張ってます! 〜自然科学への誘い〜

 「自然科学への誘い」受講者は、夏休み集中講座として人と自然の博物館で学習してきました。7月25日はキリンビール工場でのビオトープ池の生き物調査、26日は南公園での里山観察と草木染めを行ってきました。人博の先生から専門的な内容をわかりやすく・楽しく教えてもらっています。
7月25日 ため池の生き物調査
 人博からキリンビール工場へは、専用のバスで移動です。
130725_11.JPG

 午前中は絶滅危惧種であるカワバタモロコの個体数を調査しました。
まずは、ビオトープ池の5箇所にモンドリ(トラップ)を仕掛けます。さぁ、何匹捕れるかな?
130725_12.JPG

 カワバタモロコの個体数を数えます。全部で約650匹捕れました。例年よりも減少してしるそうです。メダカやドンコなども捕れました。
130725_13.JPG130725_14.JPG

 午後からは、タモ網を利用して、生き物調査をしました。捕獲の様子です。
130725_15.JPG

 さて、どんな生き物が見つかったでしょうか?2枚の葉の間に巣をつくるコバントビケラやユスリカ、タニシ、ヤゴなどが確認できました。
130725_16.JPG

 最後は、ご褒美に冷たいジュースをいただきました。
130725_17.JPG

 明日も里山調査がありますが、元気に頑張って下さいね。


7月26日 草木染めで学ぶ里山の植物の多様性
 人博から南公園(北摂三田校横)まで移動です。
130726_11.JPG
 
 南公園は三田市が管理している開発後の残存林です。ここから林に突入。
130726_12.JPG

 林の中で講師の先生から様々な植物について説明をいただきました。
130726_13.JPG130726_14.JPG
 
 午後は人博にもどり、草木染めです。一般参加の方々と協力して染めていきました。
130726_15.JPG130726_16.JPG

 植物によって、また媒染液によって染め上がる色が違います。
130726_17.JPG130726_18.JPG

 連日猛暑が続いていますが、充実した学習ができています。
この連携講座は、7月31日「自然学への誘い」で終わります。
posted by 三田祥雲館 at 21:38 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。