2013年08月07日

「第3回さんだサイエンスフェスティバル」出展しました。

 8月3日土曜日、人と自然の博物館において「第3回さんだサイエンスフェスティバル」が開催されました。そこで、本校の生徒は理科が大好きな小学生や中学生に自分たちの取り組んでいる研究について発表しました。

GEDC0184.JPG
高校1年生の天文部部員です。小学生が理解できるように、大勢の前でプレゼンすることができました。

GEDC0158.JPG
理科部のロボットチームは体験ブースを設け、サッカーロボットを小学生に体験してもらいました。ボールを追い掛け回すロボットと小学生が操作することで動くロボットの戦いです。大人気のブースでした。

GEDC0151.JPGGEDC0141.JPG
 ライントレーサーは、黒い線の上を自動車ロボットが走ります。脱出迷路のライントレーサーの紹介も行いました。本当に黒いラインの上しか走りません。生徒が開発したプログラムは立派なものです。

GEDC0142.JPG
理科部生物班は、双眼実体顕微鏡を用意し、粘菌の観察を行いました。粘菌を見たことある人が少なかったようで、多くの人が観察しに来てくださいました。

 朝から夕方まで、三田市の理科が大好きな小学生や中学生と交流することができ、有意義な時間になりました。

posted by 三田祥雲館 at 12:05 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。