2013年11月18日

東の空がスゴイことになっています!

11月16日(土)早朝もアイソン彗星を観測しようとしましたが、東の低空には雲が立ち込めアイソン彗星は見えませんでした。天頂付近は晴れていましたので、このところ光度を上げているラブジョイ彗星に望遠鏡を向けてみました。現時点ではアイソン彗星より明るくなって5等です。写真のようにしっかりとしたコマ(彗星の頭)と尾が観測できました。ラブジョイ彗星は今後12月頭に向けて3等程度まで明るくなる予想です。このように明るい彗星が同じ時間に観測できる機会はめったにありませんので、両彗星ともどうかお見逃しなく!

131118_01.jpg

ラブジョイ彗星
 明るく見えている星は8等程度の星々ですので、ラブジョイ彗星の明るさが実感して頂けると思います。双眼鏡を使えば観測可能ですが、肉眼で見える程度になる可能性もあります。右に人工衛星が通った跡も写っています。
posted by 三田祥雲館 at 16:11 | 兵庫 ☀ | Comment(2) | スーパーサイエンスハイスクール
この記事へのコメント
上手く写真撮影されていますね。
これは、祥雲館高校から撮影されたのでしょうか?

ウチの子ども達(まだ、小学生と幼稚園ですが・・・。)も興味を持っていて、アイソン彗星を見たいと言っています。
ネット検索してみると、今の時期、アイソン彗星は朝方、東の水平線に見えるとあったので、この前の土日の朝5時頃に家の近くの見晴しの良い所(フラワータウン内)から東の空を探したのですが、全くわかりませんでした。
そもそも、周りを山に囲まれている三田市内からでも見えるのでしょうか?
また、ネット検索では、早朝の位置しか出てきませんが、それまでの時間は、東の水平線の下にいるということなのでしょうか?

できれば、何時頃に、どの場所で、どのような機材(望遠の倍率等)で撮影されてのか教えていただけないでしょうか?
Posted by 星野美空 at 2013年11月18日 22:34
星野美空様
関心を持って頂きありがとうございます。
この写真は学校から20cm反射望遠鏡に冷却CCDカメラを取り付け撮影いたしました。
アイソン彗星は29日に向けどんどん太陽に接近しますので、出現位置が日の出前のかなり低い空になります。観測の目印としてはスピカから双眼鏡をゆっくり地平線(やや左下方向)に向け移動させますとぼんやりとした星が見えます。それがアイソン彗星です。高度が低くかなり淡い光ですので経験がないと見つけるのは難しいと思います。ラブジョイ彗星の方は比較的見易い位置にあります。私たち天文部も観測を続けていますので、学校へお越し頂ければ望遠鏡でご案内させて頂きます。ご希望でしたらお気軽に上記のアドレスまでメールください。よろしくお願いします。
Posted by 谷川智康 at 2013年11月22日 11:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。