2013年12月13日

熱烈歓迎 國立彰化高級中學(12月3日)

12月3日(火)の午後、台湾の彰化高級中學より生徒27名と先生3名の訪問がありました。修学旅行で日本を訪れている60名のうちの一部のみなさんによる訪問です。国立彰化高級中學は全校生2800人以上、文武両道の男子校で理工系として伝統を持つ県を代表する名門校だそうです。ちょうど考査前の時期ということもあり全校あげての歓迎会はもつことができませんでしたが授業見学や剣道部員との交流会などを通して本校のことを知ってもらい生徒と交流する時間をもってもらいました。

P1100332.jpg

P1100336.jpgP1100338.jpgRimg0033.jpgRimg0005.jpgRimg0013.jpgCimg1160.jpg

関西学院大学を見学した後は再び本校に戻り剣道部員との交流会。彰化高級中學の生徒はドラえもんの歌にあわせてオリジナルのダンスを披露してくれたり、光るボールを使った
パフォーマンスで楽しませてくれました!!

Rimg0045.jpgP1100363.jpg
そして剣道部員は気合のこもった基本稽古を披露。

Rimg0050.jpg
日本手ぬぐいをプレゼントして、面の下にかぶる帽子の巻き方を教えてあげました。

P1100381.jpg
やはり生徒同士の交流が一番楽しそうでした!

彰化高級中學は国から理数教育の指定を受けている9校のうちの1校で、アフリカへボランティア活動に出かけるなど国際交流にも力を入れており本校との共通点も多い学校のように感じました。今回の訪問をきっかけに今後も交流が続くといいですね。

posted by 三田祥雲館 at 08:09 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 国際交流・ESS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。