2014年03月23日

結果 全国大会第6位 「RobocupJAPAN2014」理科部・自律制御ゼミ

モータードライバ不調のための修正プログラム作成、バッテリーの充電、ロボットメンテナンス等で寝不足となりましたが、決勝トーナメントに出場できました。

予選リーグと異なり前半10分+休憩5分+後半10分の試合構成並びにアウト・オブ・バウンズなどでの退場時間1分とより持久力と正確さが問われる試合となりました。

決勝トーナメント準々決勝 vsGcraud(関東ブロック)
DSC00328.JPG
試合序盤より、フォワードはラインの読み取りが甘く「アウト・オブ・バウンズ」の連続。昨日から不調だったディフェンダーのモータードライバの残りCHがとうとう使えなくなり、戦闘不能。
相手になされるがままとなり 「2−25」と惨敗。もうやだ〜(悲しい顔)
5〜8位順位決定戦に移行。

5〜8位順位決定戦第1試合 vsファイヤーキノコズ(静岡ブロック)
DSC00329.JPG
このあたりからはそれぞれのチーム傷だらけの(不調をかかえた)ロボットが多く、サバイバル戦の様相となりました。祥雲館もフォワード機1台で試合に臨み「16−4」で辛勝。何とか次につなぎます。わーい(嬉しい顔)

5〜8位順位決定戦第2試合 vsチーム足軽(関西ブロック)
DSC00330.JPG
「フォワードの信長」と「ディフェンダーの独眼竜」の2台との対戦。祥雲館のフォワード機も1台で善戦しますが、結果は「11―15」で敗退。もうやだ〜(悲しい顔)

DSC_0139.JPG
第6位となりました。

DSC_0135.JPG
会場の様子 人集りでほとんど見えません。

競技役員の方々、ボランティアの皆さん、そして会場となった埼玉大学の皆さん本当にありがとうございました。おかげで試合に集中することができました。
この経験で知り得たことを後輩たちに伝えていき、是非とも「優勝」を目指してほしいと思います。
posted by 三田祥雲館 at 23:45 | 兵庫 | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。