2014年03月29日

ジュニアセッションに参加しました。(天文部)

3月21―23日の日程で天文部は日本天文学会ジュニアセッション@国際基督教大学(東京・三鷹市)と高校生天体観測ネットワーク(Astro-HS)@早稲田大学に参加してきました。
どちらの行事もこの時期に行われていて、全国から天文部で活動している高校生が集まる大きな行事です。日本天文学会ジュニアセッションは天文研究発表会、Astro-HSは生徒交流会といった性格を持った集会です。今年、天文部は日本天文学会ジュニアセッションでは「トロヤ群小惑星の観測」をテーマに口頭及びポスター発表を、AstroHSでは「アイソン彗星の観測」の口頭発表を行いました。3日間の部員のレポートと感想です。
3月21日(1日目)
今日から楽しみにしてた天文学会ジュニアセッション&AstroHSの東京遠征です!東京は思っていたより混雑していて、迷いそうでした。お昼前に国際基督教大学(ICU)に到着しました。その広大な敷地に感動しました。この日はジュニアセッションの口頭発表の日で、講堂でたくさんのプレゼンテーションを聞いた後、AstroHSに参加するため早稲田大学に行き、アイソン彗星についての発表と学校紹介をしました。全国から150名以上の高校生が集まり、学校紹介や研究発表を行い交流しました。
大変忙しい一日でしたが、たくさんの面白い話を聞けて、勉強になりました。

140321_21.jpg
 日本天文学会ジュニアセッションの会場のICUに到着して記念写真。このメインストリートが延々と続いています。

140321_22.jpg
Astro-HSで行った「アイソン彗星の観測」報告

3140321_2.jpg
引き続き行った学校紹介

3月22日(2日目)ジュニアセッション2日目!昨日と同じくICUで9時半からスタートし、私たちの口頭発表は今日2番目の発表でした。たくさんの高校生や専門家の方々の前ということでとても緊張しましたが、なんとか無事に6分間の発表を終えることができました!
その後、昼食を挟んでポスターセッションがありました。たくさんの方々から質問や提案をしていただき、これからの研究にいかしていこうと思いました。
その後、また他校の興味深い発表を聞き、二日間にわたるジュニアセッションが幕を閉じました。明日は国立科学博物館の見学を行います。東京での思い出を作りたいと思います!

3140321_24.jpg
ポスター発表の様子。多くの方が興味を持ち発表を聞いてくださいました。

3月23日(3日目)
遂に東京3日目がやってきました無事にジュニアセッションを終えることができました。帰りの新幹線の待ち時間を利用し、上野にある国立科学博物館に行きまた。移動の途中で渋谷の忠犬ハチ公を見たり、スクランブル交差点の人の多さにビックリしました。有意義なジュニアセッションに参加し、全国の多くの高校生とも交流できた充実した三日間でした。明日以降の部活もこの三日間で経験したことを活かしていきたいです!

3140321_25.jpg
日本初の人工衛星「おおすみ」を打ち上げたラムダ型ロケット(日本科学博物館)

3140321_26.jpg
本物のゼロ戦です。国立科学博物館には他では見る事ができないものが沢山ありました。

posted by 三田祥雲館 at 11:00 | 兵庫 | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。