2014年07月18日

ネットの危険に関する講演会(1年次)

7月16日(水)4限目一年次生を対象に「ネットの危険に関する講演会」が開かれました。講師としてネットショッピングやモバイル向けポータルサイトを運営している株式会社ディー・エヌ・エーより 西 雅彦先生をお迎えしました。内容としては、出会い系サイトをはじめとするトラブル・犯罪の事例や、ネットにお金や時間をかけすぎることの弊害、及びライン上のメッセージの読み違えによる人間関係の崩壊など高校生の身近に潜む危険とその回避法をわかりやすくお話し頂きました。特に驚いたのはGPS機能が付いているスマホで撮った写真をネットにアップすることによって、その写真を撮った場所、すなわち自宅住所や通っている学校などの個人情報が特定される状態になっているということでした。
今日の講演内容を心に刻んで、安全にネットを利用したいと思います。

140716_51.jpg140716_52.jpg 

スライドを用い、具体的な事例や対処方法を分かり易く話してくださいました。

ぴかぴか(新しい)生徒の感想ぴかぴか(新しい)
 まず、中高生でインターネット・携帯電話の依存者数が52万人ということに驚きました。まさかそんなに多くの人がいると思っていませんでした。私も結構家で携帯をさわっている方なので依存者にならないように気をつけたいと思いました。あと、撮った写真に位置情報が付いていることを知りました。いつ・どこで・(建物の)高さなどいろいろなことが1枚の写真に付いていることを知ってこわいと思いました。私も撮った写真をツイッターなどにのせたりしていたので、少し心配になりました。家に帰ってきてすぐにiphoneの位置情報をoffに切りました。これからもいろんなことに注意して使っていきたいです。
(1年次女子)
posted by 三田祥雲館 at 10:25 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。