2014年07月28日

2014海外研修 20

7月28日(5日目)
週末をホストファミリーとともに過ごした研修生たちは、週明けの今日、それぞれバスを乗り継いだり、歩いてきたり、ホストブラザーと一緒に来たりしながら、CELTへとやってきました。

週末の様子を聞いてみると、「CITYに買い物にでかけた」「ホストファミリーと海に行った」「料理を作ってあげた」などとそれぞれに意義のある週末を過ごしたようでした。
中には、一日家の中にずっといたという生徒たちもいましたが、来週の週末は自分たちで予定を立てて、ホストファミリーに伝えて、自分たちで行動してみると決意していました。

本日はSSH科学研修団は、ボーキサイトの鉱山へ見学ツアーに行くため、朝集合が8時20分(出発が8時30分)となっていました。しかしながら、時間に間に合った生徒たちは2名のみ… 波乱に満ちた週明けです。
「歩いてきたんだけれど、道に迷った」
「教えてくれた時間にバスが来なかった」
「降りたバス停が遠くて、必死で走ってきた」
などの理由で、全員がそろったのが8時50分でした。
いつもは5分前行動がしっかりとできる祥雲生。
初めての土地で、慣れない英語の環境であるとはいえ、頑張らないと。
次の糧にしてほしいと願っています。

祥雲生のほとんどが携帯やスマホを持っていますが、来年はSIMフリーが義務化されるとのこと。
SIMロックを解除してもらって、こちらでSIMカードを買って、スマホが使えるようにする方がいいと思います。お金はかかるかもしれませんが、その方が便利だと痛感しました。

文化語学の研修団も続々とCELTに登校し、元気な様子で教室に入って行きました。
詳細は、後日のブログでお知らせします。

posted by 三田祥雲館 at 21:06 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 海外研修
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。