2014年07月28日

2014海外研修 22

7月28日(5日目続き)
巨大なダンプがいっぱいのボーキサイトをクラッシャーと呼ばれる施設に流し込んでいる写真。
あの迫力を写真ではお伝えできないのが残念です。

IMG_1894.2.jpg

クラッシャーで粉砕されたボーキサイトは、バスでゆうに15分はかかる精製工場までベルトコンベアーで運ばれていきます。その長さ、容易に想像していただけますね。

精製工場内では、秘密保持のため一切の写真撮影ができませんでしたが、巨大な施設をゆっくりとバスを動かしながら丁寧に説明していただきました。当然ながらすべて英語でした。後で確認してみると、7割ほど理解している生徒と、ほとんどわからなかったという生徒がいました。
しっかりと英語勉強していかないと本当に大変なことになりますね。
今後の努力に期待しています。

鉱山の広大な敷地内で、カンガルーと出会いました。エミューもいましたが、残念ながら写真にはおさめられませんでした。
IMG_1919.2.jpg

お昼御飯を食べた施設で一枚。
リラックスしているところです。
IMG_1932.2.jpg

そして記念撮影を一枚。
実物はこの3倍の大きさだそうです。
IMG_1937.2.jpg

こうして一行は無事月曜日の日程を終えて帰ってきました。
ちゃんと宿題できるでしょうか。
頑張ってほしいものです。

明日は、大学の工学部にお邪魔します。
そこで金曜日にお邪魔するPerth Mordern High Schoolの高校生と初めて対面します。
一緒に勉強するバディと仲良くできるでしょうか。

明日は、今日の教訓を生かして、遅刻しないように来てくれることを祈っています。
posted by 三田祥雲館 at 23:11 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 海外研修
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。