2014年08月01日

2014海外研修 34

8月1日 (9日目)

Opening ceremonyの中で校長先生のお話があり、
John Forrestには49カ国の生徒が通っているということでした。
今回の交流においても英語という言語だけに限らず文化など
様々なことをshareしてほしい、そして何よりも
lifelong friendshipを築いてほしいとおっしゃっていました。

生徒はバディと一緒に、数学や保健、美術や
コンピュータ、体育でテニスをするなど一般のクラスにも参加しました。
貴重な体験だったと思います!!

引率者は日本語クラスをお手伝いすることになっていましたので
日本語クラスでの様子をお伝えします

Phil先生と宮下先生の日本語クラスの教室には日本語や日本にまつわる掲示物が
ところ狭しと貼られ、天井にはcarp streamer 鯉のぼりが泳いでいます

14068909460959.jpg

14068912339332.jpg

最初の課題はひらがな50音、ひとつずつ日本語の単語を選んで
それを英語では何というか表に書き込んでいくというものです。
例えば 「あ: あめ rain」

14068918447084.jpg

14068919235438.jpg

14068919454809.jpg

わかりやすい日本語の単語をなかなか思い付かない場合もあります

14068918357013.jpg

平仮名の「ぬ」や「ね」は難しいようです

14068965784740.jpg

14068966083541.jpg

14068919163057.jpg

14068992897642.jpg

次は身の回りの物を日本語と英語で教えあうという課題で、
教室内で探してもいいし、外にでてもいいということになりました。

14068910046270.jpg









posted by 三田祥雲館 at 23:15 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 海外研修
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。