2014年10月05日

西脇テラドームでの観測(天文部)

一週間前に西はりま天文台で観測したばかりですが、9/28夕方から〜9/29早朝にかけて、にしわき経緯度地球科学館(テラドーム)で、小惑星sandashounkanの観測を行いました。
小惑星の自転周期を求めるべく80センチ望遠鏡+冷却CCDカメラで小惑星sandashounkanの写真を何十枚も撮りました。冷却CCDカメラが重すぎてピントがずれるやらノートPCを2メートルぐらいの脚立の上から落としたやらお腹すいたやらで、sandashounkanの写真を撮り始めたころには、午後11時を回っていました。
その後は、赤道儀が自動で追尾&カメラが自動で露光してくれるので、一気に時間に余裕が出てきたので、各自星空の写真を撮ったり(祥雲館高校の星空よりもたくさん星が見えた)、仮眠を取ったり(現地解散後、電車の中で舟をこぎたくない)しました(もちろん望遠鏡の微調整等もやりました)。前回の西はりま天文台での観測の際には翌日が学校だったのに比べて、今回は翌日は秋休み(その分夏休みが減った)なので、いくらかは楽かなと思います。(;´・`)>
さて、三田祥雲館高校天文部は、10月4日(土)同じく西脇テラドームで行われる「星祭り」に参加します!是非来てください!(←告知&勧誘)

140928_41.jpg
時折、雲が通過する天気でしたが、晴れると引き込まれそうな星空でした。写真中央、矢印の先にアンドロメダ銀河が見えています。

140928_42.jpg
観測が終わったのは午前6時半頃、徹夜でした。終了後に80cm望遠鏡と記念写真です。
posted by 三田祥雲館 at 19:59 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。