2015年08月04日

UWAでの研修(8/3A)

科学研修班は午前中にUniversity of Western Australiaのメインキャンパスで研修を行いました。(普段はUWAの語学を専門に扱っているClaremontにあるキャンパスで学んでいます)

14386115889095.jpg

3班に分かれて以下のトピックについて事前に質問を準備し、練習をしてきました活動内容:UWAの生徒に突撃インタビュー

各班のトピック
@ オーストラリアの絶滅危機動物
A 代替エネルギーの活用
B オーストラリア人の生活から分かる環境保護対策
科学に関する質問を専門用語を用いて考え、それを初対面の大学生に尋ねることは大変難しいことです。しかも、英語でのやり取り...担当のRoger先生も心配そうに生徒の様子を見ていましたが、全員戸惑いながらも最後には積極的にUWAの学生にインタビューし、大学生の生の意見を聞くことができました。さすが祥雲生問題なくインタビューすることができていました。今後は、活動で得た情報をまとめて、発表する予定をしています。

午後はUWA Shenton Park Laboratoryを訪れ、UWAのScience Department(科学部)の研究施設を見学させていただきました。そこでは魚と動物の研究を行っており、本日は魚の研究をされているCraig教授に施設の案内をしていただきましたUWAでは主に2つのプロジェクトを行っており、1つは蚊を主食とする魚の研究で、もう1つは魚の繁殖の研究です。蚊を主食とする魚を開発し、マラリアなどの病気の蚊による感染を食い止めることに貢献することを目的としています。もう1つは、魚の繁殖方法についての研究がされています。UWAの学生は鯉を使って繁殖に必要な技術を身につけ、研究を進めていることを知り、研修生たちは驚いていました。

14386115630344.jpg

14386115317763.jpg
14386115072752.jpg

さすが理系の研修生たちです。次から次へとCraig教授に質問をし、理解を深めていました。
印象に残った質問を紹介します。
Q:どの様な種類の鯉が高価ですか。
A:まだ開発されていないけど、完璧な形で、真っ白の体に、頭に丸い赤い模様がある鯉が最も高価な鯉だと思いますよ。ほら、日本の国旗のようにね!

Q:完璧な鯉をつくるためにDNAの研究などは行っていますか。
A:すばらしい質問です。私もその研究に非常に興味がありますので、ぜひUWAに来て一緒に研究しましょう。

14386114809841.jpg

14386114545830.jpg

すばらしい研究室を見学させていただいた貴重な時間でした
Thank you Mr.Craig
posted by 三田祥雲館 at 00:10 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 海外研修
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。